生瓶ブログへようこそ!

ありがとうございます!ギャランと申します。
長州生まれ近江育ちの36歳。
ブログとラップで意思表示。
2回結婚をして3児のパパ。
博奕に失敗して約1300万円の多重債務者。
→国と弁護士を頼りに個人再生後返済中。
小売Web Shopを6店舗運営し12年。
→2021年2月 サイトを全て譲り渡す。
只今、仕入れショップサイトをゼロから構築中。
アリババも・・・やってます。
やりたい事が多すぎる卸売りの営業マン!
食ってく為に色々売ってます。
好きな言葉は【エコヒイキ】
座右の銘は【カワイイは正義】
30代の野郎が比較するのにちょうどいい男。

ギャランの署名サイン

Bitterz(ビッターズ)|仮想通貨FXのための取引所バナー

最新記事 ―毎日更新中!―

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

YouTube-Gyalan Official Channel-

Gyalan Official Youtube Channel
FP CARD 仮想通貨をチャージして全世界で使えるデビットカード  Financial Partner Card

日常所感・備忘録 ライフワーク

頼むよワークマン!ブランド化で妙なワンポイントと柄はやめてくれ。

2021-04-07

ワークマンラバーとして

お店が繁盛してくれるのは嬉しいがPB(プライベートブランド)推しが強くなっている。

以前、販売されていた商品は、ちゃんと無地、もしくはもう少し控えめなブランドロゴだったと思う。

それが最近主張し出してきているのだ。

日本のメーカー、ブランドの悪い癖

ロゴを主張しないほうがイイ場合がある。

良いものは、消費者がちゃんと宣伝するので、こういうのは逆効果だと思うのは僕だけか。

特にTシャツの下に着るアンダーウェアやレギンスを買うときに作業着屋さんに出向く僕。

中でもワークマンで売られているシリーズが気に入っていたが最近は趣が違う。

以前の殺伐とした雰囲気は払拭されつつあり、今では叔母さんが旦那の服を買うユニクロ感覚だ。

いいんだけど『こうじゃない・・・』と勝手に思っているだろう昔からの消費者。

きっとこう思っているのは僕だけではないはず。

足を引っ張る気は更々ないが、足は遠のくだけ

とはいうもののいっぱい買っている僕。

大好きだワークマン。

妙な色使いとワンポイント位置

どうしてもこれだけは改善して欲しい。

今日の目当ては紺色のレギンスだった。

だけど買ったのはこれ・・・。

ワークマンや作業着屋さんでは定期的にまとめ買い。

たくさん買ったのに紺のレギンスは買ってねぇの。

だってな・・・紺地に赤色のステッチのやつしかなかったの。

赤ステッチがなければ喜んで買っていたのに・・・。

ギャラン

コレジャナイ!

吊り下げ展示の服もほぼワンポイント入り。

残念ながら目立つ位置にブランドロゴを記してしまっている商品が増えていた。

ギャラン

コレジャナイ!

あまり主張して欲しくないのよこういうのは。

ロゴがダサいとかじゃなくて主張する必要がないと思っているのよ。

スッと溶け込むには無地が一番

たくさん買ったけど、お目当ての品はゲットできず・・・。

また別のお店を見に行こう。

作業着やさんを回るのは大好きだ。

ワークマンの違う店舗もさることながら、たまゆら。はげみ。

ギャラン

良い店がたくさんある。

PBに精を出すのもいいけど、無地好きの人間を置いて行かないで!

統計的にも決まりがあるのかもしれないし少数派は相手にしないのかもしれないけど頼むよ本当に。

靴下は特に買い替え率高め

アンダーウェアはよれるのが早いので回転率が高い。

その中でも顕著なのが靴下。

なによりも気になるのがニオイ

におい始めたらすぐに捨てて新しいのに買い換えるべき。

汚れたり穴が空いたら気になるだろうが、におい始めたらもう終わり

自分や周りの人間への迷惑もそうだけど、そんな靴下と一緒に洗われる他の洗濯物が可哀想だ。

タオルなんかと一緒に洗って靴下のニオイがうつり始めると取るのは難しい。

お気に入りの服が臭くなるのは嫌だろ。

そうなる前にサッサと買い換えるに限ります。

新庄選手みたく『ブランドパンツだろうが使い捨て。』をする必要はないが、靴下ぐらいはさ。

身だしなみを整えるエチケット・・・必要経費と思って予算立てして支出していくべきだ。

定期的に通う作業着屋さん

プチプラファッションの台頭で『#ワークマン女子』などとSNSで話題の作業着屋さん。

実際めっちゃオススメしてきたけれど、置いてかないで!

グループとしての方向性が定まるのはいいと思うけど、昔ながらの人間も忘れないでくれよ。

ギャラン

定期的に通っている人間がおるだろ・・・。

目当ての商品の事を店員さんに尋ねても『最近は減ってきて。申し訳ない。よく聞かれます。

求める声も無くはないはず。

お目当てのものがお店にある喜び。

定番品だと思うのは消費者の勝手だが、あるべきものは頼むぜ。

こんなメーカーを知っている。

認知してもらいたいので是非取り扱って下さい!

こうやって販売を開始したとある商品。

ところが数年後・・・。

認知されたのでこれからは自社だけで販売します。

ギャラン

そりゃねぇだろ。

こういう不義理をするのがビジネスの世界。

分からなくもないけどなんだろうな。

  • メーカーも喜ぶ。
  • 卸業者も喜ぶ。
  • 小売店も喜ぶ。
  • 消費者も喜ぶ。

こういう正規の商流が築けたら良いけれど、今や直販が主流だわな。

ブランド化が大切だけど。

簡単に言えば、ブランディングとマーケティング次第で認知度や売れ行きは決まるという。

  • 最初は地域限定で販売する。
  • 他府県、別地域の人間に興味を抱かせる。
  • その後、良いタイミングで全国展開をさせていく。
  • 遂にきたかと手に取る全国の消費者たち。
  • あっという間にSNSで拡散。
  • 大流行に。
ギャラン

凄いよな。
巧みだわ。

我がの作った商品を如何にブランド化させていくか。

ワークマンのやり方も、こう考えると大きく頷ける。

  • 定番だろうが地味でニッチな色など必要ないのだ。
  • ワンポイントがあろうがなかろうが多くは気にしないのだ。

ちょっと待て・・・こう書くと悪意ありすぎだろ。

ともかく少数派は淘汰されるか突き抜けるかの二つに一つ

今回は、散々口コミをしてきた人間よりもミーハーの口コミの破壊力を優先した形

どっちが儲かるかって・・・・?

もうやめときましょう。

そんなに我が好みでやりたいなら我がでせぇ!

そう結局は『俺の店』で展開するしかないんだよ。

やっぱWEB販売しながら、事務所は実店舗と兼用にしたいな。

そこでは我がの好きなものだけ在庫して並べてやる。

こんなもん一方通行の自分好みで飾りみたいな店だから土日は休みだ。

やる気ない?

違うよ。

やる気があるからこういう設定を詳しく考えているんだよ。

面白いよね。
ギャランでした。

本記事の執筆者は私、ギャランです。

言わずと知れた芸能人より芸能人。
中学受験・高校留年・就職・起業・出戻・結婚・離婚・再婚・愛娘の死・個人民事再生・不妊治療etc...
経験してから我がを知る。
バカは死ななきゃ直らない。なってみやがれこのバカに。
『パパの子どもで良かったな!』
いつまでもこう言われ続ける親父を目指しています。
オリジナルレイクスタとは僕の事。

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

Bitterz(ビッターズ)|仮想通貨FXのための取引所バナー

ギャラン公式Youtubeのチャンネル登録

Gyalan Official Youtube Channel

最新記事 ―毎日更新中!―

 

プレスリリース


© 2021 生もいいけど瓶ビール