生瓶ブログへようこそ!

ありがとうございます!ギャランと申します。
長州生まれ近江育ちの36歳。
ブログとラップで意思表示。
2回結婚をして3児のパパ。
博奕に失敗して多重債務者→個人再生後返済中。
本業はWeb Shopを6店舗運営。
最近アリババに着手。
好きな言葉は【エコヒイキ】
座右の銘は【カワイイは正義】
30代の野郎が比較するのにちょうどいい男。

ギャランの署名サイン

最新記事 ―毎日更新中!―

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

YouTube-Gyalan Official Channel-

Gyalan Official Youtube Channel

日常所感・備忘録 ライフワーク

明日やる事は今日やって今日買うものは明日にする。大切なのは決断力。

2021-04-25

明日やる事の種類

明日やる事は今日やるぞ!って言っても全部が全部やり切れるわけがない。

やり切れるような【少ない仕事量】をしているわけではないからだ。

少ないタスクであれば、サッササッサと進めていくのが定石だが、次第に仕事は増えていくもの。

増えた仕事をどうやり切るかというのが今回当てている焦点だ。

明日やる仕事というのにも種類があるように思うので分けてみよう。

  • 今日より以前に確定している話。
  • 今日浮かんできたやるべき事。

※いずれにしても期限は明日である。

どちらも今日中に仕上げる事にこしたことはないが限度があろう。

ならばどちらを優先して取り組むべきか・・・。

今日より以前に確定している話!

違うと思う。

ここで大切なのは、内容によって異なるという事に対する見極めではないだろうか。

どちらに即効性があって、どちらを今やるべき事か。

都度、天秤にかけて取捨選択するのが大切だと思うのだ。

あと少し】で終わらせることができるのならそっちを優先した方がいいかもしれないし、完了速度だって図らなければならない。

ようするに単調に順番通りに仕事をしているようでは全然ダメだという事。

優先順位を常に意識していく事で、途中であろうが、サッサと軌道修正を施す能力を養っていこうぜ!って話。

仕事というのは、結局は【判断の早さ】がものをいうのである。

早い決断を意識して継続する事によって【決断の正確性】も向上していくはずだ。

失敗にビビッて決断できないようであれば、その情けない自分の性格を根本から見直すのが先決だ。(←僕は今ここ)

明日やる予定のものを今日に回す。っても明日やるどころか、今日を終わらせられるのかすらに悩んでいるのが現状なんだ。

ならばいっそ立ち止まって決断をしてみてはどうだろうか。

手元の仕事に【押されてしまって】悩んでいるのならなおさらの話。

ギャラン

現状打破を願うならば決断を下す事。

・・・どれをやるのか決める事はできましたか?

今日買うものは明日買う

衝動に駆られて買い物をしてしまう【衝動買い

ウインドウショッピングのつもりが気が付いたら買ってしまっていたというケースはよくある話。

服屋で働いていた経験上、インポートのセレクトショップの場合は、【一点物】というのも多数あり、その時を逃せば二度とお目にすらかかれない事も。

このように洋服との出会いは一期一会だと思っているので直感を頼りに値段と折り合いが付くならば『買ってしまえ!』と思うタイプでもある。

こんなタイプの人間が買い物に出掛けたら『あれもこれも』と買い物中毒の如く買い込んでしまうわけ。

だけどこんなのは、お金持ちでもないのに続けているのは絶対にダメ!

というよりも、本当のお金持ちほどそんなお金の使い方をしないだろう。

いずれにしても修行が足りていない現在の僕が衝動買いを防ぐ唯一の方法を実践しよう。

むやみやたらとお店に足を運ばない。Webサイトなら覗きもしない。

これを心がけて実践している。

つまり【お金を持った状態でしか買い物には行く事はない。】という事だ。

別にセールスを掛けられるのが嫌とかではなくて、自分の衝動を抑えるのが難しいと思うからだ。

イイ商品に出会って指を咥えて見るだけの羽目になるぐらいなら『見なければいい!』というシンプルな考え方。

今日買うものは明日買う】以前に、今日買うものすら浮かばせないという作戦。

僕みたいに自分を戒めることから始めなければならないお方は、ここから始めた方が良いと思います。

まずは精神コントロールからはじめてみようではないか。

ところで【今日買うものは明日買う】ってどういう事だ。

自分で言い出したなりに答えを導き出すとこういう事。

※その商品が【逃げない】事を前提に。

欲しい商品を買って手に入れたものの『実際のところ不必要だった。』という事がよくある。

それを防ぐために『もう一日考えてみよう!』って事で、それでもやっぱり欲しかったと思えるならば、買うという決断を下したらよいし、それからでも決して遅くない。

この考え方は意外と、日用品や普段使うものにも有効で、【本当に必要かどうか】を吟味するのが大切なのだ。

こういった決断の繰り返しは、物の良し悪しだけでなく、家計に見合っているかのソロバンを弾くイイ機会にもなる。

結果、仕事にも生かされるだろうし、我がの判断力向上に一役買っているというわけだ。

タオルや靴下なんかは、早い目に買い替えなければ『結構匂っているよ。』という場合がある。

こういったものは、ヨレる前に買うのが大人の嗜みであるし、サッサと決断をしなければ『不潔な男』認定されてしまうわけ。

正直髪型だってそうだ。

僕は望む髪型をする為に髪の毛を伸ばしていた時期があるが、その過程を後悔している。

別にいいや。』と辛抱強く髪の毛を伸ばしていたのだが、なぜ途中で調整をしなかったのだろうか。

おかげで息子の保育園の卒業式、小学校の入学式の時の僕は超絶ダサい感じに仕上がっており、見るに堪えない写真が思い出として残されている。

今を生きているし作戦に過ぎないので、息子も僕も大して気にしてはいないとは言うもののの、僕自身は実のところ『後悔している』というわけ。

聞いてはいないが、息子もそう思っているかもしれない・・・なぜあの時に『判断』しなかったのか。

このように、【今日買うものを明日に回す】というのは、嗜好品に対する決断であって、身だしなみや絶対必要な消耗品に関しては該当しない。

ギャラン

そんなものはすぐに決断を下すものだ!

いずれにしても判断力を付けて、実践していくという能力は、普段の生活でも養うことができるというわけである。

仕事でも買い物でも言える事

ここまで読み進めて頂いた読者様ならもうお分かりだろうが、大切なのは【決断を下し続けている。】という事。

最善だと思う判断を最善のタイミングでサッサと決断していく。

どうしても【】判断がつかないのであれば、置いてもいいが、それも【明日】まで。

決断を下すのにダラダラと時間が掛かっているようでは話にならないというわけだ。

どんどん早くなっていく世の中で、返事や判断が遅い人間に情報が集まる事はこれから更に減っていくと思っている。

決断を鈍っている間にも世の中は進んでいっているのだ。

自分が情報を握る側に立ったならば、ノロノロと判断の鈍いロートルを相手にするよりも、話が早い人間と取引をすること選ぶことだろう。

今まさに自分が置かれているのはこういう状況だという事に気が付いた方がいい。

詰まって遅らせているのは【我がの都合】で自分の勝手というわけ。

相手は【大人だから】何も言ってこないけど、愛想は尽かしつつあると事に気が付かなければならない。

期限を設け、設定したならば尚更の話である。

もし自分で仕事を止めてしまっているのなら早急に見直し流していかなければ、いよいよ相手にされなくなってしまうよ。

明日やる事を今日やるんだ!』とやり続けられるならまだしも、続きもしないのであれば、先に決断する事を覚えた方が良いのではなかろうか。

マニャーナの法則という本

こういう名前のビジネス本が発売されているそうだ。

実際に本を読んでいないので、お話しする事はできないが、こちらは今日やることを明日に回すという内容らしい。

本記事で書いてきた事を根底から覆してしまう節もあるのだが、仕事の効率化に向けた考え方が書かれているらしくとても気になっている。

ギャラン

・・・まだ読んでない本があるだろ!

その通り。

藤田 田氏の著書をまだ全部読み切っていない。

藤田 田氏の著書「ユダヤ流・金戦の哲学 頭の悪い奴は損をする

次に買う本はこれだな。

ところで先日古本屋に行った時にふと手に取った【アジアの昔話】という本。

ギャラン

ついつい買ってしまいました・・・。

まだ読んでない本があるのにね!

(な!守れていないだろ。店に入らなければ出会う事も知る事も無かったわけなのに、ちゃんと衝動買いしてやがるの。)

昔話や童話というのは、その土地の考え方や戒めが書かれている事が多いので学ぶことが多いと思い買ってしまいました。

ギャラン

勝手に一期一会だと思ってしまいました・・・。

それはともかくせっかく手にしたんだ。

子どもに語るアジアの昔話

寝る前に子どもが持ってきてくれたので『一緒に読もうか!』と読み聞かせる事ができました。

僕自身も初めての物語で楽しいひとときでした。

1話づつ楽しもうと思います。

買ってからまだ読んでない本が数冊。

マニャーナの法則ではないが、【明日やる】すらできてない現状にいつか終止符を打たなければならない。

いつか】と言っている時点で進むことはない。

なんでも実践してみてこそ効果効能が現れるというもの。

まずは仕事と買い物面。

  • 明日やる事は今日やり切る。
  • 今日買うものは明日にする。

これも大事だが、まずは決断を下していくこと。

さっぱりとね!
ギャランでした。

本記事の執筆者は私、ギャランです。

言わずと知れた芸能人より芸能人。
中学受験・高校留年・就職・起業・出戻・結婚・離婚・再婚・愛娘の死・個人民事再生・不妊治療etc...
経験してから我がを知る。
バカは死ななきゃ直らない。なってみやがれこのバカに。
『パパの子どもで良かったな!』
いつまでもこう言われ続ける親父を目指しています。
オリジナルレイクスタとは僕の事。

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

ギャラン公式Youtubeのチャンネル登録

Gyalan Official Youtube Channel

最新記事 ―毎日更新中!―

 

© 2021 生もいいけど瓶ビール