最新記事 ―毎日更新中!―

生瓶ブログへようこそ!

ありがとうございます!ギャランと申します。
長州生まれ近江育ちの36歳。
ブログとラップで意思表示。
2回結婚をして3児のパパ。
博奕に失敗して約1300万円の多重債務者。
→国と弁護士を頼りに個人再生後返済中。
小売Web Shopを6店舗運営し12年。
→2021年2月 サイトを全て譲り渡す。
只今、仕入れショップサイトをゼロから構築中。
アリババも・・・やってます。
やりたい事が多すぎる卸売りの営業マン!
食ってく為に色々売ってます。
好きな言葉は【エコヒイキ】
座右の銘は【カワイイは正義】
30代の野郎が比較するのにちょうどいい男。

ギャランの署名サイン
ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

ブログの設計図 考え方・収益化

雑記ブログの強みを生かせば興味のあるアフィリエイト商材は網羅できる。

2021-08-09

専門性を高める特化ブログ

ブログアフィリエイトを行なう上では、特化ブログで展開し専門性を如何に高めるかが重要になってくる。

その為に、ブログサイトの収益化を成功へ導くためには、アフィリエイト商材を特定のジャンルに絞って統一して運営していくの最善策だとよく言われているのは御存知の方も多いことだろう。

こんな情報がWeb界隈には溢れかえっているものだから、【どうせ作るのであれば、専門サイトをやりたいカテゴリーの数だけ製作する。】

こう考えるのが普通である。

実際に大きく収益を上げ稼いでいる人たちはこの手法を取られている事が多い。

定石通りに良きコンテンツを積み上げ収益化を拡大する。

実に的を射た素晴らしい手法である。

じゃあ僕もアフィリエイトで収益を得たいならば、特化ブログ、もしくは特化サイトを構築して・・・と本来はなるのだが、今回は趣向というか考え方を変えてみる事にした。

これまで雑記ブログで、勝手気ままに好き放題にブログを執筆し投稿してきたのだが、気が付いた事がある。

僕の事に興味を持ってくれたごく一部の少数派を除いて、僕のサイトに訪れてくれる人の大多数がGoogleなんかの検索エンジンからの流入。

いわゆる自然検索流入というのが大半なのだ。

そしてそのページを見終えたらそっと閉じる・・・といった行動パターンである。

直帰率が高いな・・・などと思う事はもちろんあるのだが、今回指摘している気付きはここではない。

なによりも、雑記ブログとはいえ、ある程度のカテゴリーは設定していると、特定のジャンルやキーワードで充分上位表示されるという事。

自らのサイトの重要なキーワードを並べて馬鹿にされるかもしれないが、例えば【腹筋 パンチ】なんていうキーワードで検索して頂ければ分かる通り、当生瓶ブログのサイトが1ページ目に表示される。

これをもう少しロングテールで活きるであろう、3単語なんかに引き延ばすと、検索順位はもう少し底上げされる。

他には、闇金 ウシジマくんの外伝であるらーめん滑皮さんからの名言集を記事にしたことがあるのだが、こんなキーワードで上位を取得している。

【熊倉義道 名言】・・・誰がこんなキーワードで検索するんだよ!?って話ではあるが、検索表示ではおかげ様で上位に立つ事に成功している。

勘の鋭い読者様ならお気付きかもしれないが、何が言いたいかというと、雑記ブログでも十分検索上位される可能性を持っているという事。

強力なライバルが存在していたり、市場がレッドオーシャン化していたり、Googleが提示する「E-A-T」が絶対的に必要な内容でなければ可能性はあるんだぞ!って話。

「E-A-T」とは、ページ品質評価の最重要項目であり、下記3つの単語の頭文字から構成されています。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

※詳しくはweb上で、【Google 権威性】やら、【Google EAT】などとお調べ頂けると猛者達のページが表示されることでしょう。

もちろんグーグルが掲げる通り、これら3要素はこれからのWeb運用には必要不可欠な要素ではあるが、Web上で使える学歴や実績がない凡人の僕は、あえて逆手にとり、雑記ブログを続けていく事で、E-A-Tを創り上げようと考えたというわけでもある。

仮に【腹筋 パンチ】で上位表示の人間が、実際にパキパキの腹筋をどこかのタイミングで露出し、そこに至るまでの方法を公開する。

この時点でページ単位で見ていけば、専門性と信頼性は高まるのではなかろうか。

ただの雑記ブロガーが、誰でも腹筋パキパキを実現させる雑記ブロガーに昇華するんじゃないか?という仮説である。

あとは例えば栄養学を学べば、【現役栄養士が教えるボディメイク・・・】などと言う事も出来るし、極端な例だがボディメイクであれば、ライザップなんかの有名企業なんかがメソッドを承認してくれたら【ライザップも認めた!】とか【ライザップも公認した。】などと銘打つことも可能になる。

こうする事である程度の権威性も強化する事が出来るんじゃないかな?ってね。

今の時代、【走りを早くする会】や【サッカーのドリブラー養成講座】なんていう専門分野の需要が伸びていることから分かるように、需要に供給がハマれば可能性は高まるし、専門家や研究機関のお墨付きを頂くことが出来れば必然的に権威性を高める事は可能なのだ。

ようは、雑記ブログだろうが、特化ブログだろうが、コンテンツでの上位表示は、執筆者や運営者の真摯さや、ひたむきさによるところも大きいという事である。

【個人再生 体験 ブログ】での上位表示

当生瓶ブログを再開するにあたっては、自身が債務整理をした事にも少なからず影響しているのだが、おかげさまで【個人再生 体験 ブログ】なんていうキーワードで検索頂いた場合も上位に表示されるようになってきた。

これまで自身が経験したことをありのまま綴ってきた結果であるが、反対に言えば弁護士の先生には債務者の気持ちを書く事は出来ないだろう。

こうしたリアルな声というのをGoogle様は検索結果にちゃんと反映してくれるようで、ある種のE-A-Tを獲得している証拠だとも言える。

この場合での、ペルソナ、ターゲットは明確で、借金の返済に苦しんでいる人という事になるし、債務整理前後の人が覗きに訪れてくれているという事。

ここに例えば僕が【金融ブラックでも審査が通ったクレジットカード】というのを商材として紹介できたならば、クレジットカードマイスターが紹介するそれよりもよほど訴求力は高いはずだ。

このように例え雑記ブログであろうが、検索上位表示を獲得するのは可能なのだ。

背伸びせずに、見合った記事を愚直に積み上げていけば、Google様はちゃんとサイトを評価してくれるという一つの目安である。

例に出した内容を精査すると見えてくるものもある。

  • 【腹筋 パンチ】・・・つまり、筋トレ・ダイエット。
  • 【個人再生 体験 ブログ】・・・借金問題とその解決。

雑記ブログ内であろうが、これら2つのジャンルに特化していけば、可能性・・・あるじゃんね。

もっといえば、この記事自体でもそう。

もちろん、ただのブロガーの戯言ではあるが、要約すればこう【雑記ブログでも狙えるアフィリエイト】

すなわちこれからアフィリエイターやブロガーを志す同志や趣味や副業を探している人たちにも訴求する事が出来る。

専門的な特化ブログを構築するとなれば、どうしても仕事感が否めないが、これであれば、遊び心を持ちながら、実に楽しくブログ運営が出来るのではなかろうか。

遊び心を持ちながらブログサイトを運営していく。

狙ったキーワードではうまくいかないもの

キーワードプランナーやキーワードスカウターを活用し狙いすましたキーワード設定をしていようが、意外とそういう記事は伸びない。

それどころか、全く考えもせずに適当につけた、なんでもないタイトルの記事の方がかえって検索流入が多かったりする。

悲しいかなこれが現実で、イチイチ萎えている場合でもないのだ。

トップアフィリエイターなんかは、ここから横繋がりのナイスキーワードを探り当てて一気に昇華させるというのだからたいしたものだが、僕みたいな凡人マーケターの場合にとってそんなツボなんてものは、量産してからでないと分かりゃしない。

最初に取り上げた【腹筋 パンチ】の記事なんていうのはね。

正直な話、仲間と飲んで帰った日に、鏡に映った情けない身体をドラミングしたことから始まっているもんね。

ただの酔っぱらいの愚行を記事にした結果、思いのほか需要があったというだけの話。

この記事をみた筋トレに特化したプロアフィリエイターが自身の腹筋をパンチし始めたら僕のページなんかは吹き飛ぶのだろうな。

アフィリエイトでお金を稼ごうというのであれば、こういう危機感を感じながら、常々戦う覚悟が必要になるわけだ。

君にそんな覚悟があるのか?

とかいきなり真面目に問われてもね。

Webを使って収入を得ようとしたら、一生のイタチごっこに参入するということだ。

覚悟もクソも無いから、もっとラフにゆるく考えたらいいと僕は思っている。

当生瓶ブログの収入として、これまで大きな実績があるのはこのページ。

お陰様で何年分かのサーバー代とドメイン維持費を賄える程度のに収入を得る事が出来た。

このキーワードで言えば、今やクリニックなんかの、僕が見ても【E-A-T】の高いサイトが上位に食い込んできたせいで、2ページ目まで押し下げられたが、争う気もなく経験として大切にしている。

一個のジャンルに固執して消耗するよりは、雑記ブログらしく、自分の経験や体験をもとに、好きな事に【特化】していくのが正しいのではないだろうか。

少なくとも僕はそんな雑記ブログで珍しいタイプのアフィリエイターになりたいと思う次第である。

ギャランでした。

本記事の執筆者は私、ギャランです。

言わずと知れた芸能人より芸能人。
中学受験・高校留年・就職・起業・出戻・結婚・離婚・再婚・愛娘の死・個人民事再生・不妊治療etc...
経験してから我がを知る。
バカは死ななきゃ直らない。なってみやがれこのバカに。
『パパの子どもで良かったな!』
いつまでもこう言われ続ける親父を目指しています。
オリジナルレイクスタとは僕の事。

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログ全カテゴリー

最新記事 ―毎日更新中!―

ギャラン公式Youtubeのチャンネル登録

Gyalan Official Youtube Channel

Gyalan's TikTok Code

TikTokCode Gyalanマイページ

スポンサー

Bitterz(ビッターズ)|仮想通貨FXのための取引所バナー

プレスリリース


© 2021 生もいいけど瓶ビール