生瓶ブログへようこそ!

ありがとうございます!ギャランと申します。
長州生まれ近江育ちの36歳。
ブログとラップで意思表示。
2回結婚をして3児のパパ。
博奕に失敗して約1300万円の多重債務者。
→国と弁護士を頼りに個人再生後返済中。
小売Web Shopを6店舗運営し12年。
→2021年2月 サイトを全て譲り渡す。
只今、仕入れショップサイトをゼロから構築中。
アリババも・・・やってます。
やりたい事が多すぎる卸売りの営業マン!
食ってく為に色々売ってます。
好きな言葉は【エコヒイキ】
座右の銘は【カワイイは正義】
30代の野郎が比較するのにちょうどいい男。

ギャランの署名サイン

Bitterz(ビッターズ)|仮想通貨FXのための取引所バナー

最新記事 ―毎日更新中!―

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

YouTube-Gyalan Official Channel-

Gyalan Official Youtube Channel
FP CARD 仮想通貨をチャージして全世界で使えるデビットカード  Financial Partner Card

GYALAN 4 L.S.G ライフワーク 映画・音楽・書籍

順番入れ替わりまして3曲目はShade Sheistの[Where I Wanna Be]

2021-03-16

アップロードこそしていないが・・・

やってますよ!Youtubeの動画製作。

僕の場合はインストにラップを乗せるスタイルだが製作に時間が掛かっている。

1曲1バースの構成で仕上げていくと決めたものの完成までの道のりは長い。

特に時間を掛けているのが2つの項目で、インストとリリックの製作だ。

リリックに関しては言わずもがなラップの肝となるところなのでどうしても時間が掛かる。

しかしそれよりも問題なのがインストの製作だ。

人様のトラックに乗せているんだから簡単に思えるだろうが、それはインストがレコードなりであるものに限っての話だ。

インストがない場合や気に入った曲に関しては、その箇所の一部分を繋げてループさせていく手法を取っている。

いわゆるサンプリングともいえるHIPHOPの真髄であるが僕は達者なMPC使いでも何でもない。

古いDTMソフトのSONY ASID Pro7を使って細切りにして繋げているが、これ自体もやりながら覚えていっている始末。

ギャラン

そりゃ進みは遅いわな。

AB'sの曲は一旦保留にして、現在3曲目の仕上げをしているところ。

ベースラインをサンプリングしてループさせました。
あの時に買ったAB’Sのアルバム
【ギョーザの泰三】AB'SのASIAN MOONからギャランラップのインスト用ループ曲を制作する。【ACID pro7】

エービーズの1983年製アルバムより。 車のオーディオにはHDが積んであり、挿入したCDは全て自動的に記録してくれる。 過去の曲を適当にかけていたが、懐かしい音楽が流れてきた。 ギャラン エービーズの ...

続きを見る

現在完成してアップロードしたのは1曲のみ。

Eazy-EのLuv 4 Dem Gangsta'zを使用した『Gyalan Reborn』という曲だ。

2曲目は、Ja RuleのClap Backを使用した『現場の流儀』という曲。

次々へと着手して完成させていく
ZOOMのハンディレコーダーを使い録音する。
【ギャランのラップ】一曲目の書き上げが完了。ハンディレコーダーがイケていた。

L.S.G GYALAN再始動 アマゾンでポチッたZOOMのハンディレコーダーが届きました。 早速試してみるが気に入った。これで気軽に録音して確かめる事ができる。 ギャラン再始動に向けて順調に歩み出し ...

続きを見る

インストは仕上げ、リリックも完成しておりあとは録音するのみ。

けれどどうせなら2曲同時に録ろうと思いまだ録っていない。

2曲同時に録る為には3曲目が完成していないといけないが、今ようやくインストが整ったところ。

Shade Sheist feat. Nate Dogg & Kurupt『Where I Wanna Be 』

使う楽曲は表題の通りだが、密かに思い入れのある1曲だ。

大昔に彼のJAPANツアーがあった時に大阪のジュールでの公演の際に下っ端として使いパシリをしていた。

フライヤーを撒いたり、大きな声では言えないが街貼りをしたり、ケータリング、送迎といった裏方を手伝っていた。

若かったな。18歳とかだった気がする。

そんな彼の名曲を使って『After Work』という曲を仕上げようとしている。

リリック自体は2012年頃の原型が出来ていたのだが、ここに来て公開に踏み切ろうと思ったわけ。

我ながら色褪せない事を言っていたので気に入っている。

そんな1曲のインスト作りに時間が掛かってしまっていた。

AfterWork-Gyalan製作中

慣れないACIDに慣れるべく何度も何度もやり直し調整をしていく。

そんなこんなで、どうにか完成に漕ぎ付けたので、2曲同時録音を敢行するわけだが・・・防音設備が備わっていない部屋なので次週の昼下がりに行なう事に。

確認と練習がてらに軽く録るのはZOOMのハンディレコーダーで十分だ。

めっちゃ使えるよき相棒
ZOOMハンディレコーダーH1n
【録音機材】ZOOMのレコーダーH1nを購入。MOGAMI 2534 XLRマイクケーブルとポップガードだけのつもりがね。

オーディオインターフェースの購入後 先日購入したベリンガーのオーディオインターフェースが無事に届いたので週末に向けて環境を整える。 ちゃんと接続できるのかが心配ですが、最低限のケーブル類は揃えておかな ...

続きを見る

Nate Doggのフックとバースはそのまま利用させてもらう。

故Nate Doggの最高のHOOKとバースはそのまま利用することにした。

もちろんShadeとKuruptも最高にカッコいいが、ラップは僕が担当させてもらう。

懐かしんだ方や気になった方は下記で原曲をチェックしてくれ。

西海岸全開のこの感じ。

ギャラン

僕は大好きだ。

ちなみにNate Doggのリリックは下記の通り。

当たり前に不良な事を唄ってくれているが、彼らにとっては日常、普通のこと。

After Workのテーマに通ずると思うのは僕だけか。

【Hook: Nate Dogg】
This is where I wanna be
Right here with my loved ones
Smokin on some weed
You've got chronic won't you light it up?

【Verse 2: Nate Dogg】
Check this out
You see, how I figure this thing
We can, all take over this game
If we, come together do this shit right
We can, all have a piece of the pie
You know, how I figured this out
I just, took a little trip down South
Soon as, I set foot off the plane
It was, just like a family thing
You know, the gangsta's hard to decieve
So I, took a little trip to the East
I'm not, slow so I can't wait for the game
I'm not, broke so I'm in bulletproof everything
When I, touch down it ain't like a think
They ain't, trippin off nothin but bank
So I, quickly dispose of my shank
If we, if we ain't got us nigga where could we hang?

『Where I Wanna Be』Nate Dogg Part Lyric

LIVEの際は、僕のバックDJを務めてくれるDJ OAKがこよなく愛するNate Dogg。

彼のアルバムでも聴き直すことにするか。

やっぱこれからかな。

Nate Dogg 『G Funk Classics Vol. 1-2』

説明不要の間違いないアルバムだ。

彼のようなオリジネーターは唯一無二なんで和製○○とか言うのはやめる方向に一票投じたいところ。

仕上がってきたとはいえたった3曲目

どれだけ積み上げる気なのかは僕自身分かっちゃいないがたかだかまだ3曲目。

もっと書いてもっと作品を生み出して世の中に送り出そう

ブログなんかは毎日書き上げているが、音楽となるとなかなかそうはいかないな。

なんかのニュースでみたけど、フワちゃんだっけ?

10日間連続投稿します!』なんて言って挫折されたのは。

一人でやっているのかサポートが要るのかは知らないけど気持ち分かるわ。

動画を製作するのはめっちゃ大変な事。

後先考えずに吐いた台詞だったなら残念でならないけど、実際キツイと思うよ。

彼女もきっと仕事の合間を縫って製作しているんだろ。

そう上手く事は運ばないよね。

ギャラン

一見でたとこ勝負だけど、計画を持って、マイペースに積み上げていく。

日の目を浴びるかどうかなんて知らねぇし、どれだけ積み上げても評価されないってんじゃそれまででしょ。

朝から晩まで打ち込んでいる人が沢山いる中で浮き上がってやろうだなんて生半可なことじゃない。

終わりなんてないんだ。

とにかく楽しんでやる

好きなことやし続けられる。

本業もブログもラップも必ず成し遂げる。

何をもって成し遂げたかなんてまだ分からんけど笑っていたい。

次の曲に取り掛かろう!
ギャランでした。

本記事の執筆者は私、ギャランです。

言わずと知れた芸能人より芸能人。
中学受験・高校留年・就職・起業・出戻・結婚・離婚・再婚・愛娘の死・個人民事再生・不妊治療etc...
経験してから我がを知る。
バカは死ななきゃ直らない。なってみやがれこのバカに。
『パパの子どもで良かったな!』
いつまでもこう言われ続ける親父を目指しています。
オリジナルレイクスタとは僕の事。

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

Bitterz(ビッターズ)|仮想通貨FXのための取引所バナー

ギャラン公式Youtubeのチャンネル登録

Gyalan Official Youtube Channel

最新記事 ―毎日更新中!―

 

プレスリリース


© 2021 生もいいけど瓶ビール