生瓶ブログへようこそ!

ありがとうございます!ギャランと申します。
長州生まれ近江育ちの36歳。
ブログとラップで意思表示。
2回結婚をして3児のパパ。
博奕に失敗して多重債務者→個人再生後返済中。
本業はWeb Shopを6店舗運営。
最近アリババに着手。
好きな言葉は【エコヒイキ】
座右の銘は【カワイイは正義】
30代の野郎が比較するのにちょうどいい男。

ギャランの署名サイン

最新記事 ―毎日更新中!―

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

YouTube-Gyalan Official Channel-

Gyalan Official Youtube Channel

魚の料理 ライフワーク オトコメシ

「酒粕汁仕立て」鮭のアラで作るお味噌汁が最高に旨い!男の豪快料理

2021-03-03

鮭ハラスが激安でボリューミー

春を感じさせる陽気の日もあるがまだまだ肌寒い今日この頃。

冷え込む夜にはあったかいスープでもこさえて温もりたいところ。

最近御無沙汰だったスーパーへ久しぶりにいったところ、激安の鮭ハラスのアラがあったので購入しました。

アラを使った料理と言えば、やっぱかす汁でしょ!

酒粕のみを使った粕汁も美味しいですが、うちねの場合は、味噌を多めに投入します。

「粕汁の味噌仕立て」というよりも「味噌汁の酒粕仕立て」というぐらい味覚的には味噌の割合が多い。

実際に分量も味噌の方が多いのかな・・・計っていないので分かりません。

捨てるのがもったいない鮭のアラは、油が多いですが、そこが旨い。

骨が多いですが、骨回りの肉が旨いのは周知の事実。

家なんで「食べにくい!」なんて言わず思わずしゃぶりつけばいいよ。

鮭ハラスのみそ汁-酒粕仕立て-の材料

  • 鮭ハラスのアラ
  • 白菜
  • ニンジン
  • 山芋
  • 酒粕
  • 味噌
  • みじん切り生姜(チューブ)
  • 刻みネギ
安かった魚のアラ!捨てるのなんてもったいない。

※野菜は正直なんだってOK!
多めに作ったんで、明日も明後日もこれを食う。
嫁はんはアレンジしてキノコ類なんかを投入なさるかと。
もちろん美味しい!

鮭ハラスのみそ汁-酒粕仕立て-の作り方

男の料理は雑が売りではない。

豪快にそして丁寧にやっていくのが基本。

気持ち悪いが「美味しくなぁれ!」と心を込めて調理します。

豪快=雑ではない。

履き違えないようにご注意あれ。

空いた時間に洗い物を済ますのも紳士の嗜み。

理解できたならいってみよう。

まずは、大鍋に水を張って湯を沸かす。

今回はたっぷり4L!

沸くまで時間が掛かるので、食材のカットにかかります。

ざっくばらんに野菜類をカット

煮込むのでそこまで小さくしなくていいと思う。

ちょうどいいサイズに野菜を切る。

アラは・・・・ヌメリとか気になるけど、そのままいくぜ!
沸騰したお湯にダイレクトにイン!

そのまま投入する魚のアラ!今日は鮭ハラス。

続けてカットした野菜もぶっこんでいく。

沸騰したお湯に食材を入れて煮込んでいく。

ひと煮立ちしたなら弱火にしておく。
※丁寧に浮いてきたアクと油を掬っておく。

煮立つ前に弱火にしてアクと油をすくってやる。

ボウルに酒粕を入れて、鍋からお湯をすくい丁寧に濾していく。

酒粕は丁寧に濾していくのが美味しさの基本

酒粕のツブツブ感が好きな方はダイレクトに入れてもいいかもしれませんが、ここは丁寧にやるところかと。

ゆっくりと押しつぶしながら酒粕を溶いていく。

ゆっくり押しつぶしながら、なめらかに仕上げていきます。

なめらかに溶き終えた酒粕を投入する。

全ての酒粕を投入できたら次は味噌の出番。

酒粕投入後の鍋の様子はこんな感じ。

油とアクがまた出てきています。

酒粕を投入したあとの鍋の様子。

酒粕と同じ要領で味噌も丁寧に濾していく。

お味噌も同じように丁寧に溶いてから鍋に入れる。

※ちなみにこのぐらいの量を15回ぐらい濾して投入しました。

お味噌も丁寧にお湯で溶いていれるのが美味しさのポイント!

鍋の中も美味しそうなイイ色味に変わってきました。

どうしてもまだまだ油がたくさん浮いてきます。

美味しい味噌仕立て・・いや酒粕仕立てのみそ汁です。

味の加減はお味噌で調整・・・味見の時点で既にうまし!

最後にみじん切りショウガを入れて味を整えます。

身体を芯まで温めてくれる生姜の効果

ゆっくりとかき混ぜながら弱火でもう少し煮込む。
この時に浮いた余計な油とアクを丁寧にすくう。
※このひと手間が大切です。

想像以上に油が出ます!これは取り除くべきでしょう。

ダイレクトに投入した鮭ハラスのアラがイイ感じにほぐれて(?)・・・ほぐせたら完成です。

イイ感じに仕上がった酒粕汁

汁椀に入れて刻みネギを散らして食卓へ!

酒粕仕立てのおいしいお味噌汁が完成しました。

5歳の娘も旨そうにすすってくれました。
骨に気を付けて食べるんだよ!

久しぶりに酒粕を使ったみそ汁を作ったけどやっぱ旨いな。
また気が向いたら作りたいと思います。

たっぷり作ったのでしばらく続きますが、大歓迎!
ギャランでした。

本記事の執筆者は私、ギャランです。

言わずと知れた芸能人より芸能人。
中学受験・高校留年・就職・起業・出戻・結婚・離婚・再婚・愛娘の死・個人民事再生・不妊治療etc...
経験してから我がを知る。
バカは死ななきゃ直らない。なってみやがれこのバカに。
『パパの子どもで良かったな!』
いつまでもこう言われ続ける親父を目指しています。
オリジナルレイクスタとは僕の事。

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

ギャラン公式Youtubeのチャンネル登録

Gyalan Official Youtube Channel

最新記事 ―毎日更新中!―

 

© 2021 生もいいけど瓶ビール