生瓶ブログへようこそ!

ありがとうございます!ギャランと申します。
長州生まれ近江育ちの36歳。
ブログとラップで意思表示。
2回結婚をして3児のパパ。
博奕に失敗して多重債務者→個人再生後返済中。
本業はWeb Shopを6店舗運営。
最近アリババに着手。
好きな言葉は【エコヒイキ】
座右の銘は【カワイイは正義】
30代の野郎が比較するのにちょうどいい男。

ギャランの署名サイン

最新記事 ―毎日更新中!―

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

YouTube-Gyalan Official Channel-

Gyalan Official Youtube Channel

ブログの設計図 考え方・収益化

勝てば官軍のブログ運営 細かいところを気にしないようにした。

単純に収益化を目指しているだけであれば。

お金だけを稼ぎたいのであれば「特化ブログ」にすればいい。
専門的に掘り下げていく事で評価もされてみんなの役に立つ。

確かにその通りなんだろうけどさ。
月に150万円高だか300万円だかの収入を得ているというあるサイトを見て思った。

その人のサイトの構成を見る限り・・(というか本人が言っている。)
ワードプレスのテーマとして「アフィンガー5」というのを使ってらっしゃるのだ。

その人がね、オススメのワードプレスのテーマ選びとしていくつかのテーマを紹介していたんだけどさ。

ギャラン

お前そのテーマでブログ書いてねぇじゃん。

どこぞのサイトに書いてあることをしたり顔で語ってさ。
本当に馬鹿みたい。

実際に使って試したなら、このテーマで作ったサイトはこれです!って紹介できるでしょ。
無料テーマを利用して消耗するくらいなら」なんてしょうもない言い回しまでしてね。

こういう世界にうんざりしたわけでございます。

やりたい事は自分のことを伝える場所作り。

丁寧な文章で、1記事1記事を積み重ねていく事で、グーグルからの評価も高まり人も集まってきます。

  • 最初に答えを明言して、理由を述べていきます。
  • そして最後にまた答えを書いてまとめと総括を・・・。
ギャラン

うるせぇわ。

最近こんな受け売りを真に受けた馬鹿のサイトが量産されて「またこの先生風か」と思うことが多くなってきた。

ギャラン

こいつはとにかくお金が稼ぎたいんだな。

そんな印象だけが残り、たいして中身のサイトはそっと閉じる。
本当に知りたいことは残念ながらそこには書かれていないからだ。

そのうち淘汰されるだろうから気にしないでおこう。

わざわざ検索までして知りたいことは基本的には、生の声と本当の情報だけ。
経験もしたことが無い人が書く記事ほどつまらないものはない。

それよりもやりたい事を好きにやっている個人サイトや雑記ブログのほうが何倍もエンターテイメント性を感じる。
僕が選ぶならやっぱりこれだな。

  • 続けていれば、必ず成果は出てきます。
  • だけど人の役に立たないといけません。

人の役?知らねぇよそんなこと。
馬鹿みたいに、初心者向けのワードプレスの実装の仕方を書いてサーバーやテーマを紹介したりしてさ。
使ったこともないテーマのウンチクを書いてみたりさ。

ギャラン

人の為じゃなくて自分の為だろ。

こんなサイトを書いているやつが一瞬の成功を掴んだからって先生顔で語ってやがるの。

  • 会社勤めが嫌でブログを収益化。
  • 成功して独立出来ました!
  • 仲間を集めてブログサロン開いてます。
  • 月額会員で質問を受け付けます。

これでいいのか日本人。

ギャラン

これぐらい言ってもいいんじゃね?

ギャランの生瓶ブログは『アフィンガー5』のテーマで『JET』という子テーマを使って作成されています。
デフォルトでもクオリティは勝手に高い。
影響されたらリンクから公式ページへどうぞ。
リンクを踏んで買ってくれたら僕にお金がチャリンします。
あざーす。
買ったテーマで、あなたも同じことをブログでしたらいい。
経済が回るとか回らないとか・・・いや回らないか。
喜んで回るのは俺だ。お金の話を汚いとは思わない。

WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」

否定した人間こそが淘汰されるのか。

よく言えば悪目立ちしているだけだから気にしなくてもいいけど、こういう人たちが席巻している現在のブログ界。

本当に大儲けしている人たちは表にはあまり出てこないだろうけど、実情なんてこんなもんだよ。

女の子向けの商材サイトを作っているのが毛むくじゃらのオッサンだったりしてね。
職業上、こういう世界を垣間見ることがあるのでよく分かる。

ゲーセンの鬼滅の刃の景品の卸売りなんかにも関わっているけどさ。
納入している人間は、アニメや漫画のことなんて知りもしないよ。

流行ってきたら、「○○の商材、仕入れできるか?」こんなもんだ。
仕掛けを打っている間なんて「本当にこれが・・・?」ってなもんだ。

  • 失敗したら「ほら見てみろ!」
  • 成功したら「俺にも売らせろ!」

真実を覗くと嫌になる場合もあるって事。

こんな世界から自分の時間の間ぐらいは離脱したいなと思うわけ。
せっかく自分のプライベート切り売りするのだから、自分の世界を独自に自由に発信していきたいな。

人がやっていることは、否定もするし肯定もする。
自分が思った「今」の意見を発信して責任を持っていこうと思うわけ。

こんなことをいって有名人のやり方にケチをつけたら叩かれることもあろうが気にしない。

もちろん事実を言えばいいってわけではないことは知っている。
それでも言いたい事ぐらいは発信してもいいだろうよ。

「俺たちの世の中になったら、俺たちのやっていることが正義になるんだよ」

こんなもんだろ。
細かいとこをいちいち気にせずに発信をし続ける。

インターネットの海を漂う僕「ギャラン」という男の「生もいいけど瓶ビール」というブログ。
時間的にもそんなにすぐに人様の目に触れるわけが無いだろう。

俺は俺の事を、長い人生を掛けてブログで発信し続けようとしているのだ。
じっくり構えて小さいことは気にしない。

気になったなら修正し改善する。
淘汰されるのは魅力の無い人間だ。

けれども、グーグルに認められなかったら人様から発見されることもないのが実情。
グーグルの言う方向性だけは信じ気にした方が良さそうだ。

細かい流入やアクセス数よりも気にすること。

それはもう決まっている。
僕はこのブログを通して何をしたいのか。

  • 自分の事を知ってもらうこと。
  • 自分の名前で検索上位表示
  • 自分に対する備忘録
  • 収益化

主にこの4つだろう。

しかし一番大切なのは、「自分に対する備忘録」この部分。
ブログを通して、自分の人生を見つめなおし、設計をする事が出来る。

方向性は正しいのか。やりたい事が出来ているか。
やり残していることはないか。

こういったことをブログを続ける事で毎日考えることが出来るわけ。
ブログで綴り発信したことは、「やるか!」となったり「やらないと!」ってなったりするわけ。

ここに宣言していく事で、重い腰が持ち上がり一歩進めることができるのだ。

ラップをする為に、昔の音源を掘り返したのだってそう。
結局、自分のiPhoneのバックアップも取ることが出来たよ

ギャラン

なんと2年ぶりのバックアップだったわ。

事故がなくてよかったけど、撮った写真が消えたりと、後悔する羽目になる可能性を考えるとゾッとする。

ブログを書いてなくて惰性で生きていたらいつまで経ってもやらなかったかもしれないだろ。
もちろんしていたかもしれないけどね・・・。

今の僕が、気にするべきは、アクセス数や人の数よりも「自分のやりたい事が出来ているのか。」ってこと。
収益化だけを望むのであれば、さっさとせっせと「特化ブログ」を作成しているよ。

だけど、「特化ブログ」をやるとしても嘘のないサイトを作りたいな
前述した嘘つきブロガーみたいな「やったふりのしたり顔」はようせんわ。

そうなれば当生瓶ブログで発信すればいいわ。とも思うわけ。
薬の事を特化ブログにして書くにしても、結局は「ギャラン家の救急箱」とか「ギャランのおくすり手帳」ってなるわけだろ。

こんなんならば、生瓶ブログにカテゴリーを作って発信することを選ぶね。

グーグルが言うE-A-Tを気にしすぎてペラサイトに成り下がるようなWebページを作るぐらいなら雑記ブログで十分だ。

結局は「勝てば官軍」なのだ。

副業を極めたつもりのあいつ。
君も副業を紹介するサイトを作って副業に成功しただけで、紹介している副業では成功していないだろ。

この職業では○○です・・・こういうのには踊らされません。
我が道を行く。ギャランでした。

本記事の執筆者は私、ギャランです。

言わずと知れた芸能人より芸能人。
中学受験・高校留年・就職・起業・出戻・結婚・離婚・再婚・愛娘の死・個人民事再生・不妊治療etc...
経験してから我がを知る。
バカは死ななきゃ直らない。なってみやがれこのバカに。
『パパの子どもで良かったな!』
いつまでもこう言われ続ける親父を目指しています。
オリジナルレイクスタとは僕の事。

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

ギャラン公式Youtubeのチャンネル登録

Gyalan Official Youtube Channel

最新記事 ―毎日更新中!―

 

© 2021 生もいいけど瓶ビール