最新記事 ―毎日更新中!―

生瓶ブログへようこそ!

ありがとうございます!ギャランと申します。
長州生まれ近江育ちの36歳。
ブログとラップで意思表示。
2回結婚をして3児のパパ。
博奕に失敗して約1300万円の多重債務者。
→国と弁護士を頼りに個人再生後返済中。
小売Web Shopを6店舗運営し12年。
→2021年2月 サイトを全て譲り渡す。
只今、仕入れショップサイトをゼロから構築中。
アリババも・・・やってます。
やりたい事が多すぎる卸売りの営業マン!
食ってく為に色々売ってます。
好きな言葉は【エコヒイキ】
座右の銘は【カワイイは正義】
30代の野郎が比較するのにちょうどいい男。

ギャランの署名サイン
ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

日常所感・備忘録 ライフワーク

アフィリエイトだろうがなんだろうが、なんとしてでも副収入を得なければならない。

2021-08-31

ラットレースから抜け出すには

ロバートキヨサキ氏がよく言っているのはラットレースから抜け出してファストレーンに移ること。

彼の書籍である【金持ち父さんと貧乏父さん】を読まれたことはあるだろうか?

せっせせっせと悪循環に飲み込まれながら、毎月の給料のみを追いかけて消費する暮らし。

簡単に言えば、これをラットレースだと彼は言っている。

日々の生活費を毎月の給料から支払い続け、貯金はおろか投資にお金を回せない生活をしている以上、ラットレースから抜け出すことは難しい。

どうにかして余剰金を生み出し、稼ぎを生み出す仕組みを構築し、お金を循環させなければ一生【お金を追いかける】羽目になる。

このままでは自由を手にすることなど不可能に近い。

サラリーを貰い生活するのはとても大切なことだが、今からの時代、本当に一寸先は闇なのである。

昨今ではFIREという言葉が賑わす通り、自由を手に入れ、セミリタイアを目指してる人がどのように実践しているのか。

知る必要があるし、知ったならば実践していきたいと思うのは現代人であれば当然の事であろう。

副収入が本業を上回るには

本業で得る収入を副業が上回れば暮らしは楽になる。

とは言うものの、そんなことを考えるよりも、日々の生活基盤=毎月の必要経費から逆算するほうがよほど賢い。

今僕は債務整理の為に個人再生の認可決定を受け、返済に追われている身ではあるのだが、最低限30万円を副収入で得られるようになれば安心して生活していける。

反対に言えば、欲をかかず、慎ましく暮らすにしても30万円は手取りとして必要だということだ。

これを毎月副収入として得ることが出来たならば・・・選択肢は大いに広がることだろう。

あとは、日本マクドナルドの創業者である藤田 田氏が推奨するお金の貯め方を実践していきたい。

書籍【ユダヤ流 金持ちラッパの吹き方 なぜ俺だけ儲かるのか】で書かれているのだが、こうすれば1億円貯められるという内容だ。

30年間で1億円で貯める方法はこうだ。

  • 10年間毎月5万円を貯蓄する。
  • 次の10年間は毎月10万円。
  • さらに次の10年間は毎月15万円。

こうすることで、30年間で1億円が貯まるのというのである。

計算してみるとこんな感じになる。

  • 5万円×12ヶ月×10年間=600万円
  • 10万円×12ヶ月×10年間=1200万円
  • 15万円×12ヶ月×10年間=1800万円

合計すると3600万円・・・1億円じゃないじゃないか!

いやその通りである。

実は彼はこの元金3600万円を元手にすれば、あとは銀行が稼いでくれる・・・と言っているのである。

このクソ低金利時代に通用しないじゃないか・・・と思う話ではあるが、彼が言いたいのは、時間をかければ大きな仕事が出来る。ということなのである。

とにもかくにも、毎月アベレージ10万円のお金を投資に回せるかどうか。

これこそが、ラットレースから抜ける秘策というわけである。

自ずと見えてきたことがある。

僕がラットレースから抜け出すためには、慎ましく暮らすための30万円と投資に回す10万円。

最後に子どものたちの教育費に10万円。

合計で50万円の手取りを得ることが副業で出来たならば、落ち着いて人生を謳歌することが出来る。

というわけである。

書籍【ユダヤ流 金持ちラッパの吹き方 なぜ俺だけ儲かるのか】で書かれているのだが、こうすれば1億円貯められるという内容だ。

自由を手に入れるまで

自由を手に入れるというのは、時間的な制約を無くすことだと僕は思っている。

誰にも縛られない時間がどれだけあるのか。

これこそが、本当の意味での自由なのである。

本業を持つのも自由だが、それを選んで出来ているのか?

これが一つの鍵なのである。

その為には、自分の思う道で、自動販売機のごとく、毎月50万円の収入を得なければならないのだ。

さらに具体的に考えてみよう。

仮に100歳まで生きるとして、あと僕に何年残されている。

今が36歳だから・・・そうさなざっくり65年だ。

50万円×12ヶ月×65年の計算でよもや間違いはないだろう。

3億9000万円。

実に4億円近くの収入を生み出さないといけない。

手取りで考えると税金やらなんやらも加味しないといけないわな。

これから日本がどうなるかは分からないから、倍ぐらい見ておく必要があるか。

ならば8億円だ。

これだけの金額を生涯を通じて、我がの財布に流し【続けなければ】決して【自由を手にした。】とは言えないわけである。

ハードルが凄まじく高く感じたか、こんなもんかと感じられたかは人それぞれだろうが、一つの指針とはなったことだろう。

利益率が10%の商売ならば、80億。

・・・65年かけて・・・・プロの営業マンなら分かるだろうが、決して極端でかけ離れた数字ではないだろう。

看板ありきで商売しているのだろうが、その看板が邪魔をしているケースだって少なくない。

本当の意味で【自由】を手に入れるためには、このラインを目指す必要があるのである。

ギャランでした。

本記事の執筆者は私、ギャランです。

言わずと知れた芸能人より芸能人。
中学受験・高校留年・就職・起業・出戻・結婚・離婚・再婚・愛娘の死・個人民事再生・不妊治療etc...
経験してから我がを知る。
バカは死ななきゃ直らない。なってみやがれこのバカに。
『パパの子どもで良かったな!』
いつまでもこう言われ続ける親父を目指しています。
オリジナルレイクスタとは僕の事。

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログ全カテゴリー

最新記事 ―毎日更新中!―

ギャラン公式Youtubeのチャンネル登録

Gyalan Official Youtube Channel

Gyalan's TikTok Code

TikTokCode Gyalanマイページ

スポンサー

Bitterz(ビッターズ)|仮想通貨FXのための取引所バナー

プレスリリース


© 2021 生もいいけど瓶ビール