生瓶ブログへようこそ!

ありがとうございます!ギャランと申します。
長州生まれ近江育ちの36歳。
ブログとラップで意思表示。
2回結婚をして3児のパパ。
博奕に失敗して多重債務者→個人再生後返済中。
本業はWeb Shopを6店舗運営。
最近アリババに着手。
好きな言葉は【エコヒイキ】
座右の銘は【カワイイは正義】
30代の野郎が比較するのにちょうどいい男。

ギャランの署名サイン

最新記事 ―毎日更新中!―

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

YouTube-Gyalan Official Channel-

Gyalan Official Youtube Channel

日常所感・備忘録 ライフワーク

オススメのゲーミングマウスG502のドライバ設定とボタンの割り当て【ロジクールの従来品Ver】

Logicool G HUBのインストールは失敗に終わる

あとから調べて分かったことだが先にお伝えさせて頂くと、インストールするドライバーは設定するゲーミングギアの発売時期によって異なるとの事。

  • 2019年以降の商品→【Logicool G Hub
  • 2019年以前の商品→【Logicool Gaming Software(LGS)

2019年以前に発売されている商品も現行ドライバーの【Logicool G Hub】で対応できると書かれているサイトも見受けられたが、僕はダメでした。

つまり、2019年以降にロジクールから発売されたゲーミングギアは、専用ドライバー【Logicool G-Hub】をダウンロードしてインストールをして、2019年以前に発売されている商品は、【Logicool Gaming Software】をインストールしなければ、設定をする事ができないという事。

僕が使用しているゲーミングマウスは、従来品のG502(有線)というもの。

ロジクールのゲーミングマウスG502

G502 RGB』でも『G502 Hero』でもなくてフチの部分が青く塗られている商品だ。

当時ヨドバシで本商品を見かけた後にアマゾンでポチっと購入したのだが、届いた商品は当時現行品だった『G502 RGB』

この商品は配色は設定で変える事ができるが、フチの部分は青ではなく黒のまま。

ギャラン

これじゃねぇ・・・。

妙なところでこだわってしまった僕は、申し訳ないが返品をさせて頂き、やや高値でフチが青い旧商品を手に入れた。

今回、本業のコピーアンドペーストの作業で、あまりの量に左手の小指と薬指が限界に達してしまった。

工夫したとて疲労困憊
小指を諦めて薬指を使う。
パソコン操作!コントロールCとV。小指がダメなら薬指で対応しろ!

4000件の商品データの抜き取り作業 先日から取り組んでいる4000件の商品データをメーカーホームページから抜き出してくる作業。 小指が悲鳴! データをコピーで抜き取る作業を任されたWindowsユー ...

続きを見る

このままでは作業効率どころの話ではなくなってしまうので、使っていなかったマウスのボタン設定を使用してコマンドを割り当てる事を決意したわけである。

設定方法を探ってみるとドライバーをインストールして設定をしていく。との事だったので早速試してみる。

初めに試みたのが、【Logocool G Hub】のインストール。

ロジクールの公式サイトのダウンロードページに進む。

ロジクールG HUBのインストール

Windows用のダウンロードボタンをクリックすると、exeのインストーラーファイルがダウンロードできました。

ロジクールG HUBのインストーラー

【変更を許可】してインストールを進めていく。

カッコいい画面が表示されるのでインストールボタンをクリック。

ロジクールG HUBのインストール画面

初期化中

ロジクールG HUBのインストール中の画面

しばらく待ってみると・・・。

ロジクールG HUBのインストールエラー

インストール中にエラーが発生しました。再試行してください。』の表記。

何度か試してみるが、インストールエラーを繰り返す。

ギャラン

マジかよ・・・。

再度公式サイトで確かめてみると、優秀なのかどうなのか自動的に必要なシステムを推奨してくれる。

お使いのオペレーティングシステムが自動検出されました。以下のダウンロードを確認してください。

ロジクールの公式サイトで自動検出されたソフトウェア

これじゃねぇんだよ。

・・・インストールすらできずイラつくところだが気を取り直して冷静に考えてみる。

違うのがあるはずだ。

ロジクールのゲーミングソフトウェア(LGS)で解決

前述したとおり、2019年以前の製品に関しては、【Logicool Gaming Software(LGS)】というドライバーをインストールして設定を進めていくようだ。

早速公式サイトのダウンロードページに進んでみる。

ギャラン

おっ!これね。
頼むぞマジで!

ロジクールのゲーミングソフトウェアのインストール

LGS_9.02.65_x64のexeファイルがダウンロードできました。

ロジクールのゲーミングソフトウェアのインストーラー

祈りつつアイコンをクリックする。

ロジクールのゲーミングソフトウェアのインストール画面

次へをクリックするとソフトウェアのインストールが開始される。
※ちなみにインストールが完了してサクサク完了ボタンを押してしまうと強制的に再起動が掛かるので作業中のファイルがあれば保存して閉じておくべきです。

ロジクールのゲーミングソフトウェアのインストール開始

ここまでは問題無いんだよ・・・エラー出るなよ!

ロジクールのゲーミングソフトウェアのインストール中

順調に進んでいるぞ。

ロジクールのゲーミングソフトウェアのインストール進捗

よしよし!無事にインストールできました。

ロジクールのゲーミングソフトウェアのインストール完了

浮かれた僕はロクに文章を読まずに完了をクリックしてしまった。

Logicoolが製品とサービスを自動的に強化するのをご支援ください』にはチェックを入れず。
コンピュータをいま再起動しまう。』にチェックが入ったまま・・・。

もちろんすぐに再起動されてしまいます。

G502のボタン割り当てはLGSの設定で行なう

再起動完了後は、特にアイコンがデスクトップに表示されることもないので、スタートを確認する。

『最近追加されたもの』の項目に【Logicool ゲームソフトウェア 9.02】があるのでタスクバーに置いてみる。

ロジクールのゲーミングソフトウェアのアイコン

一番左のやつね・・・カッコいいね。

クリックすると『チームへようこそ』と勝手に仲間に加えてくださります。

ロジクールのゲーミングソフトウェアのウェルカム画面

よく分からんけど左の【Audio Visualizer】をクリックする。

すると下部に製品のアイコンが表示されているので使用しているG502を探してクリック。

ロジクールのゲーミングソフトウェアでG502マウスの設定画面

設定ボタンであろう歯車のボタンを押してみるとこんな画面のページに移動します。

ロジクールのゲーミングソフトウェアでのゲーミングマウスG502の設定、編集画面

変更したい箇所のボタン設定を希望の内容に変更していく。

そうだな。【進む】と【戻る】は基本的に使ってねぇからここに割り当てよう。

編集をクリックしてボタンを割り当てていく。

今回は【キーストローク】で対応できました。

ゲームの必殺技のコマンドなんかは【マルチキーマクロ】を使って任意のキー操作を記録させていく形。

【キーストローク】でコピー(Ctrl+C)を設定する。

ロジクールのゲーミングソフトウェアでのマウスG502のコマンド設定

【キーストローク】で貼り付け(Ctrl+V)を設定する。

ロジクールのゲーミングソフトウェアにてG502マウスのボタン割り当て

こんなに簡単でええのか?

実際に操作をしてみる。

ギャラン

できた!

親指使いをする必要があるが、直ぐに慣れていく。

めっちゃええやんけ!

指への負担が減り作業効率も向上

ボタンの割り当てによって左手はShift操作と文字入力のみで使用するので負担が解消されました。

このようにキー入力を無くすことで指への負担を減らすのが目的だったので、操作自体にはさほど時差はないと思っていたのだそんな事はなかったようだ。

おかげさまで、これ以上早くなる気がしなかったコピペ作業の効率も上げる事に成功しました。

改善の余地っていうのは『知らないだけ』で『やらないだけ』で沢山あるものだな。

この記事を書いて考える事ができて良かったわ。

割と早いうちにコマンドの割り当てを設定し習得する事ができたので、今後の作業が捗るのは間違いない。

人様が一個仕上げている間に僕は、2個でも3個でも先を行ってやる。

その差は時間の経過とともに大きなものとなるだろう。

人が一日に100件仕上げるものを僕は300件終わらせる。

一年365日経てばこうなる。

  • 他人→ 36,500件完了
  • 僕 →109,500件完了
ギャラン

ざまぁみろ。
俺はやってやる。

埋められない差だったものでも、根性と技術で追い付いて今度はこっちが差を広げていくのだ。

ゲーミングマウスG502のボタン設定の割り当てで得たものは多い。
チート級の破壊力!
さぁドンドン進めていくぞ!
ギャランでした。

遅くなるほど詰っていく。仕事のある幸せ
ctrlキーを押す小指が痛くなる作業量
1件1分!4000件の処理は4000分!これ以上早くは出来そうもない。

意気揚々と始める4000件の処理 単純に1件1分かかる作業が全部で4000件。 4000件=4000分=66.6時間。一日8時間作業をしたとして・・・・8.3日。 ギャラン マジか・・・約9日間が必要 ...

続きを見る

本記事の執筆者は私、ギャランです。

言わずと知れた芸能人より芸能人。
中学受験・高校留年・就職・起業・出戻・結婚・離婚・再婚・愛娘の死・個人民事再生・不妊治療etc...
経験してから我がを知る。
バカは死ななきゃ直らない。なってみやがれこのバカに。
『パパの子どもで良かったな!』
いつまでもこう言われ続ける親父を目指しています。
オリジナルレイクスタとは僕の事。

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

ギャラン公式Youtubeのチャンネル登録

Gyalan Official Youtube Channel

最新記事 ―毎日更新中!―

 

© 2021 生もいいけど瓶ビール