生瓶ブログへようこそ!

ありがとうございます!ギャランと申します。
長州生まれ近江育ちの36歳。
ブログとラップで意思表示。
2回結婚をして3児のパパ。
博奕に失敗して約1300万円の多重債務者。
→国と弁護士を頼りに個人再生後返済中。
小売Web Shopを6店舗運営し12年。
→2021年2月 サイトを全て譲り渡す。
只今、仕入れショップサイトをゼロから構築中。
アリババも・・・やってます。
やりたい事が多すぎる卸売りの営業マン!
食ってく為に色々売ってます。
好きな言葉は【エコヒイキ】
座右の銘は【カワイイは正義】
30代の野郎が比較するのにちょうどいい男。

ギャランの署名サイン

Bitterz(ビッターズ)|仮想通貨FXのための取引所バナー

最新記事 ―毎日更新中!―

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

YouTube-Gyalan Official Channel-

Gyalan Official Youtube Channel
FP CARD 仮想通貨をチャージして全世界で使えるデビットカード  Financial Partner Card

日常所感・備忘録 ライフワーク

【特殊サラリーマン】新しいビジネスを展開してお金を稼ぐ【お金を生む方法】

お金を稼げなければ居場所はない。

僕の働いている職場は少々特殊で、特に営業マンは自分でお金を稼がなければ給料はもらえない

以前は、毎月インセンティブを貰えたが、現在は半年おきの査定制。

なので大焦りする必要はないし、もちろん基本給というものは存在している。

厳しいが、稼げば稼いだ分だけ反映されるので、年齢の2倍万円を狙う事も十分に可能だ。

あいにく下手を打った僕は、昨年より悲しい状況に追い込まれ、債務整理をするに至ってしまったがショゲている暇はない。

本決算を終えて、いよいよ新たなスタートに立ったわけだが、状況は大幅に変わった。

以前も話していたが、10数年間取り組んできた、小売Webshopを別の人間に任せたわけである。

1人でやろうとしていたその運営は、結局3人がかりでやるらしい。

経費倒れにならないように取り組まないといけないけど大丈夫かな。

正直、社員一人とパート数人でも月500万円ぐらいの粗利は計上できる・・・頑張って発展を目指してくれたらこれ幸い。

ところで、販売チャンネルを失った僕は何をして食っていけばいいのでしょうか。

やろうとしている事を当ブログに書き留めておこうと思う。

そのうち紹介できるようになれば面白いなとは思っているが、実務に支障が出るといけないので、今のところ大筋のみ。

小売WebShopの運営経験を生かして・・・というよりそれが僕の武器。

代表からは「好きにやれ!」とお墨付きを頂いているので勝手にやらしてもらう。

  • 卸売りでの販路拡大
  • 卸売・仕入れサイトの構築
  • コーポレートサイトの構築
  • 専門サイトの構築
  • アリババでの輸出業

大きく分けてこの5つの事業に取り組んでいく。

順番に紐解いて考えを確固たるものに押し上げていこうではないか。

【1】卸売りでの販路拡大

そもそもウチの会社は卸売りを生業としている。

以前も片手間で行なっていたのだが、小売を辞めた今は卸売業の比重を増やすのは当然である。

卸売り先は、こんなところか。

  • 企業・学校向けのカタログ媒体
  • 社内斡旋などの職域媒体
  • 来場粗品などの販促品
  • 小売WebShopへの商品供給
  • 実店舗への卸売り販売

その他に、現在コロナの影響で下火である免税店ルートなどもある。

いずれにしても動き出さないと始まらないので、貪欲に取り組んでいこうと思う。

即効性は高いので、当面の食い扶持はこれらで稼ぐしかないな。

【2】卸売・仕入れサイトの構築

今回一番のメインとして考えているのがこれだ。

実は、気に入った『〇〇〇.shop』のドメインを数年前から取得しており、『いよいよ時が来たか!』とすら思えている。

悩んだ末に、BtoBの仕入れサイトを作ろうと方針を決めた。

素人さんも大歓迎だが、メーカーとプロバイヤーをつなぐ会員制の卸売サイトである。

ゆくゆくはクローズマーケットとして運営をしたいが、集客に懸念があるので、当面はフルオープンでいこうと考えている。

今や誰でもインターネットで販売をする時代。

仕入れ先を探している人は沢山いると思っている。

  • 商品を広げたいメーカーさん
  • 仕入れ先を絞りたいバイヤーさん

両者の懸け橋となれたらよいのだが・・・まずはやはり信用だな。

安全性の高いサイトを作り信頼を得るまでが険しい道のりだが、あまり時間は無いので急ピッチで進めなければならない。

値段だけでいえば、アマゾンや楽天、ヤフーといったモールで買うよりもお安く提供する事はたやすい

こういった意味で言えば、バイヤーさんでなくとも自己消費として一般ユーザーさんにも御贔屓にして頂くことができれば大変喜ばしい。

販売ページでは比較対象として大手モールへのリンクを貼っていく。

無論、大手モールでの販売価格や納期などを比較してもらう事が目的ではあるが、広告媒体としても機能させていく。

商品を宣伝し広告収入を得ているアフィリエイターは大勢いるだろうが、商品そのものを販売して、広告収入も図っているアフィリエイターは少ないのではないだろうか。

物販アフィリエイトではない物販・アフィリエイト』というわけだ。

小売WebShopで培ってきた個配の対応力と機敏性を生かして構築していきます。

【3】コーポレートサイトの構築

BtoBの仕入れサイトの『〇〇〇.shop』のドメインと平行して『〇〇〇.jp』という同じ文字列のドメインを所有している。

こちらのサイトは、ブログ形式のコーポレートサイトとして、商品の紹介を含めた集客サイトに仕上げていこうと考えている。

自社ショップサイト一本では、どうしても集客や機動力に欠けると考えているので、それを補う為にサイトを開設する。

いわゆる特化サイトとも言われるものだが、前述の通り、本当の意味での『物販アフィリエイトサイト』の構築だ。

先ほども申していたが、商品そのものをメーカーから仕入れて売り買いをする事の出来るアフィリエイターは少数派であろう。

みんな人の販売ページを宣伝しているだけなのだ。

こういった差別化に意味などは無いが、先駆者としてやっていこうと思う。

もし同じような事をやっている人がいるのであれば教えて欲しい。

勝手ながら、その人とは旨い酒が飲めそうだ。

【4】専門サイトの構築

ここで考えているのは完全に専門的な商品の紹介&販売サイト

これから世の中に出回っていく可能性のある商品を事前にキャッチする事ができているので、専用の販売ページを用意するつもり。

その商品は高額で、専門性も高いのだが、需要はあると思うので先に専売ページを構築しようという算段だ。

今執筆していて思いついたが、ASPをアフィリエイターとしてではなく広告主として利用するのも一つの方法だな。

1商品だけの為に商品名のドメインを取得し準備を進めている。

サイトは既に開設したので、あとは肉付けしていくのみである。

時が来たときに独占販売できる場所を先に構築しておきたい。

その時はアフィリエイター様のお力添えをお願いしたいのでどうぞ宜しくお願い致します。

【5】アリババでの輸出業

今年の目標として年始に触れていたアリババの運営だが、イイ流れになってきた。

アリババはWeb上の国際展示場なので、商品ページは英訳し作成していかなければならない

問題視していたこの商品ページの作成だが、前述の卸売サイトでの商品ページをまるごと英訳していけば一石二鳥ではないか。

日本国内に向けた卸売りサイトの作成と同時に、世界に向けた販売サイトを平行して製作できるだなんて!

考えただけでワクワクが止まらない。

同時進行でやっていけば、きっかけ一つで大跳ねする可能性がある。

狙うは、11月11日の中国独身の日

ここまでに商品を仕込み、時流に乗ってやる。

3月ならまだ間に合うだろ。

世界に向けて日本のメーカーの良い商品を発信していく最高のチャンスだわ。

未来から来た自分が『やれよ!』と言う

3ヶ月で結果が出なければ、方向性を改めなければならないが、3ヶ月でどこまでの事をやってきたのか?

3ヶ月後にちゃんと自問自答できるように今精一杯打ち込まなければならない。

未来から来た自分が言っていると思えば今やるしかないのである。

成果が上がらず残念な結果だった未来の俺が言っている・・・『あの時もっとこうしていたら。

幸いにもその声をキャッチ出来ているのだから、ここは気合を入れるところ。

簡単に並べたててみたが、常軌を逸した圧倒的な作業量である。

かといって『やってやれないことなどない』のである。

諦めたりぬるま湯につかったら最後、後悔しかきっと残らない。

36歳にしてようやく一つのチャンスを掴みかかっているのである。

ギャラン

逃してたまるかよ。

もちろんブログもYoutubeも俺好みに継続する。

この通り本業も充実していきそうだ。

今までの武器を持ち替えて新たな道に進んでいく

ショゲてないでさ!今やらずしていつやるんだよ。

周りが帰ろうが俺は成し遂げてやる。

夢中でやるべき事に打ち込める幸せ

ポロポロと新規の商談の予定も埋まり良い傾向だ。

道は暗くない!見失うな。

僕の背中は天使がずっと後押ししてくれている。
ギャランでした。

本記事の執筆者は私、ギャランです。

言わずと知れた芸能人より芸能人。
中学受験・高校留年・就職・起業・出戻・結婚・離婚・再婚・愛娘の死・個人民事再生・不妊治療etc...
経験してから我がを知る。
バカは死ななきゃ直らない。なってみやがれこのバカに。
『パパの子どもで良かったな!』
いつまでもこう言われ続ける親父を目指しています。
オリジナルレイクスタとは僕の事。

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

Bitterz(ビッターズ)|仮想通貨FXのための取引所バナー

ギャラン公式Youtubeのチャンネル登録

Gyalan Official Youtube Channel

最新記事 ―毎日更新中!―

 

プレスリリース


© 2021 生もいいけど瓶ビール