生瓶ブログへようこそ!

ありがとうございます!ギャランと申します。
長州生まれ近江育ちの36歳。
ブログとラップで意思表示。
2回結婚をして3児のパパ。
博奕に失敗して多重債務者→個人再生後返済中。
本業はWeb Shopを6店舗運営。
最近アリババに着手。
好きな言葉は【エコヒイキ】
座右の銘は【カワイイは正義】
30代の野郎が比較するのにちょうどいい男。

ギャランの署名サイン

最新記事 ―毎日更新中!―

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

YouTube-Gyalan Official Channel-

Gyalan Official Youtube Channel

ブログの設計図 考え方・収益化 ライフワーク

動画視聴の危険性!勉強・研究と言う名の身にならない無駄な時間

動画コンテンツの恐ろしさ

Youtubeに投稿する動画を作成しているが、動画というのは実に魅力的だ。

見る者を引き込み、時間を忘れさせる魅惑のコンテンツ。

我がで作ったものですら何度も何度も繰り返し視聴する。

アクセスが上がらないので他の投稿者の動画を見に行く。

・・・気が付けばスクロールの連続。

ただ動画を楽しんでいるだけ!

『参考に!・・・』とか『勉強に!・・・』とか本腰入れないと無理だよ。

先日Youtubeへ動画を投稿したのだが、気になって他の事が手に付かなくなっている。

気になっているといってもこんな短時間ではそもそも分析するデータがない。

つまり気にしている場合ではないのだ。

にも関わらず、無駄に気にして、やってることは、他の動画をダラダラ見てるだけ。みたいなズボラっぷり。

完全に引き込まれてやがんのな俺。

クセになるわこれはあかん。

メリハリ付けてやらんとあかんわ。

『こりゃ子どもたちにも注意喚起を!』って、意外と子どもらのがルールを守ったり、ネットリテラシーも高いよな。

それに、すぐに停止を押せたり、いつでもON・OFFができるからか、あまり執着もしない印象。

大人の方が引き込まれてしまう。

あれしよこれしよ!なんて思っていた事は動画の流し見によって遅れ気味。

動画の視聴時間

ちょうどいいんだよな動画って。

手放しで見てられるしね。

・・・・それが問題なんだよ。

TikTokなんかは1分以内の短編動画集だけど、ひっきりなしに次々と好みっぽい動画が楽しめるの。

1分以内だと侮るなかれあっというまに時が経つ。

Youtubeなんかも続きにちょうどいいのを準備して勝手に流し始めてくれる。

のめり込むわけだよ。

あとは動画自体の時間だな。

ブログ記事なんかにも【この記事は1000文字です。3分程度で読めます。】と時間を書いてくれているものもあるけど動画はズバリ。

しっかりと動画そのものの時間が明記されている。

途中で辞めてもいいけど、のめり込んだら。確実にその時間を奪われてしまうって事。

1時間の動画を興味本位で開いたら『結局最後まで見ちゃった!』みたいなね。

楽しかったろうけど【得たもの】とか考え始めると何にもないことに気付く。

『見るぞ!』って決めてみるのならいいけど、他にやることがあるんだったら遠ざけておくべきだ。

動画と言えばビデオテープの時代と今は違う。

気軽だからこそ

スマホなんかだと、本当にいつでもどこでも動画を視聴して楽しむことができる。

そら短編集の需要が高くなるのも頷けるわ。

ドラマや映画と同じように動画の視聴も『見るときは見るって決めてから!』っていうのを推奨しようとしたけど。

もっと手軽で気軽なんだよな。

だからこそのめり込んでしまう。

動画を見ている間に出来た事だって沢山あるよな。

というより、やらなあかん事があるのに動画見ている場合やないな。

しっかせぇよほんまにな。

子どものがよっぽどケジメつけとるな。

親が反省してたら世話ねぇな。

当たり前の事をもっともらしく記事にしてみました。

優先順位やぞ!

・・・・ふと思ったけど、今回の記事の感じでラフに書くのが楽しいな。

なんか気にしてたな・・・文字数。

ブログ記事の文字数ね。

だいたい2500文字平均で綴ってきているけど、なんか変に意識してたかも。

毎日原稿用紙を渡してくれて『何枚でも書いていいよ!全部載せるよ!』って言われる権利やもんなブログサイトって。

ボリュームも大切だけど熱量や気持ちだろうな。

アフィリエイトサイトじゃない雑記ブログなんだから余計にそう。

遊びが足りてねぇぞ俺なにやってんだ。

惰性で動画見てやること全部遅らせて、気がついたことが『ブログの書き方』だってよ。

今までやたら赤文字にしたり黒文字にしたりして強調してきたけど、やめようかな。

全部がパンチラインなんだよ僕の文章は。

太文字にし始めたら全部太文字にせなあかん。

読むほうが勝手に決めてくれたらええと思う。

読者様に負担?・・・・ならへんと思う。

・・・ならへんよな?

というわけで本記事では装飾を無くしたスタイルを施行。

・・・読みにくいのは見出しの問題か・・負担やな。

遅れを取ったものの収穫がなかったわけでもない。

ありがとう!数々の動画たちよ。
ギャランでした。

本記事の執筆者は私、ギャランです。

言わずと知れた芸能人より芸能人。
中学受験・高校留年・就職・起業・出戻・結婚・離婚・再婚・愛娘の死・個人民事再生・不妊治療etc...
経験してから我がを知る。
バカは死ななきゃ直らない。なってみやがれこのバカに。
『パパの子どもで良かったな!』
いつまでもこう言われ続ける親父を目指しています。
オリジナルレイクスタとは僕の事。

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

ギャラン公式Youtubeのチャンネル登録

Gyalan Official Youtube Channel

最新記事 ―毎日更新中!―

 

© 2021 生もいいけど瓶ビール