最新記事 ―毎日更新中!―

生瓶ブログへようこそ!

ありがとうございます!ギャランと申します。
長州生まれ近江育ちの36歳。

ブログとラップで意思表示。
2回結婚をして3児のパパ。
博奕に失敗して多重債務者→個人再生後返済中。

本業はWeb Shopを6店舗運営。
最近アリババに着手。

好きな言葉は【エコヒイキ】
座右の銘は【カワイイは正義】
30代の野郎が比較するのにちょうどいい男。
ギャランの署名サイン
ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

YouTube-Gyalan Official Channel-

Gyalan Official Youtube Channel

ユダヤの商法 書籍 ライフワーク 映画・音楽・書籍

第7ヶ条【利息目当ての銀行預金は損だ】三代の相続でゼロになる財産。【ユダヤの商法/藤田 田】

2021-01-04

書評まえがき ※ネタバレ注意

藤田 田のユダヤの商法 復刊版

本記事は、「ユダヤの商人 世界経済を動かす」著者 藤田 田(デンと発音して下さい。)氏の本について掘り下げています。

既に読まれた方が多いかと存じますが、あくまで自分自身の経済的発展と人間的成長。
つまりお金に慕われる人間になる為に、本書に書かれたお金儲けのノウハウと哲学を、自分の場合と置き換えながら頭に叩き込み、見直し実践していく為に書き綴っています。

藤田 田氏の言葉と私ギャランの解釈が入り乱れておりますので、まだ読んでいない方や、無駄な考えが不必要な場合は、本記事は読まずにオリジナルをお買い求め下さい。

カバー新訂されたものが発売されていますし、中古品なら当時のものも手に入るかと。
もちろん電子書籍で手に入れる事もできますので悪しからず。

ユダヤ人が銀行預金すら信用しない理由。

利息目当ての銀行預金は損だ。

銀行に預金すると、確かに利息が入り預金は増えていく。
しかし、預金が利息を生んでふえていく間にも、物価は上がり、それに比例して貨幣価値は下っていく。

しかも、本人が死亡したら、相続税としてゴッソリ国に吸い上げられる仕組みになっている。

どんなに膨大な財産でも、三代相続すればゼロにしてしまうというのが、税法上の原則である。

これは世界中、どの国でも共通のようだ。

出典:P28 利息目当ての銀行預金は損だ。

こういうことから財産はキャッシュで残したほうがいいという。

一代でどれだけ巨万の財を残したとしても、残し方を誤れば孫はおろか子どもにすら財産を残してやれない。
こんな馬鹿げた話があるのかと耳を疑いたくなるが、知らないでは済まされない大事な事だ。

財産を子どもたちに相続していく時といえば、自分にとっては「いよいよ終焉を迎える時。」

人生の大切な幕引きのときに、「知らなかった」で右往左往することなんてきっとできないと思う。

ショックで死期を早めてしまう恐れすらあると思う。

お金儲けを志す以上、稼いだお金の行く末まで考えておかなければ馬鹿をみてしまう。

銀行に預けるのが完全にダメというわけではないだろうが、こういったことも学んでおかなければ、損をするのは自分たちなのである。

銀行に預けないと言っても。

こうしたことを聞いてしまうと、少しでも財産をキャッシュで保有したり、別の何かに変えておこうと考えるのが普通である。

しかし、こういったところに隙が生まれてしまうことも理解しておかなければならない。

小金持ちを対象に、そのお金や財産を付け狙う悪い奴は必ず存在する。

銀行預金が危険だと言って、学びもせずこういった詐欺師の口実に乗せられて騙されてしまうと、子どもどころか自分の金すら手元から消えて無くなってしまう恐れがあるのだ。

現代でいえば、仮想通貨をはじめ、マンション投資だの、アパート経営、どこぞの会員権など、うすら怪しい勧誘に対しても、自分の意思を思って対応できなければ馬鹿をみてしまう。

芸能人なんかが、何億もの財産を失って借金まみれに転落した・・・みたいな話は一年に何度も聞くが、きっとこういう事なんだと思う。

詐欺師に騙された!」ならまだましだが、口車に乗せられて「自分まで詐欺師に加担。」なんて結末を向かえ、自分だけ逮捕されてしまう。なんてケースも稀に聞く。

ニュースに上がっているだけでこの様なので、実際の数を考えると恐ろしい。

頂上にこそ魔物が住んでいる。」というように登ったときにこそ足元をしっかり固めておかなければならないという事だ。

銀行口座を信用しない。

銀行にお金を預けているということは、「そのお金は完全に銀行の手の上。」だという事を忘れてはならない。

僕自身もまだ小額の預金しか経験がないが、これが大金だった場合。

自分のお金を引き出すこともままならない。」という事。

仮に数億の財産を預金していて、通常銀行が閉まる15時頃にフラッと窓口へ現れて、「全額引き出したい。」といって用意出来ると思うか。

メガバンクの大きな支店なんかであれば、現金であるかもしれないが、信用金庫の小さな支店なんかではまず無理ではなかろうか。

理由を聞かれ、準備できる日付を設定されて・・・こうしているうちにも世の中は回っているというのにな。

銀行口座の凍結

大金ではないがこういったケースを経験した。

自業自得ではあるが、債務整理を行なうといった特殊な事例の場合、対象銀行の口座は完全に凍結される。

凍結されると、どうなるかと言うと、入金は出来るが出金や振り込みに対しては制限が掛かり何も出来なくなる。

凍結後に誤って入金してしまったお金は、解除されるまで手が出せず、引き出す事が出来なくなってしまう。

凍結される直前に普通預金があれば、残高はゼロとなる。

つまり借金返済に充てられる為に、全額回収されるというわけ。

当然、任意整理を行ない、借金を踏み倒そうとしているわけではあるが、容赦ない。

防ぐために債務整理を行ない弁護士に依頼した場合には、債権者各位に連絡が入る前に口座のお金は全て抜いておかなければならない。

僕の場合は、ATMで出金できる程度の額しか入金していなかったので、問題が無かったが、多額のお金を預け入れしていた場合は、すぐに引き出すことは難しい。

複数回に分けてといっても一日の限度額が設定されていたりと思うように出金することができない場合がある。

銀行の窓口に行って引き出せばいい?

・・・前述の通り、突然大金を引き出すっていうのには何か裏や理由があると思うのが普通。

しかもこれから債務整理を行なうというのだ。

一筋縄ではいかないのは容易に想像できる事だろう。

これが預金しているお金は、「完全に銀行の手の上」という理由。

利息が増える嬉しい貯金という名の銀行預金というのは、結局は管理し貸し出し収益を得ながら、人様のお金の実権を掌握しているという事。

わずかな利息の為に、大切な現金を管理されるというのは、金玉を握られてしまうのと同じ事

入出金や引き落としの為、またはビジネスの振込先などに銀行口座は必ず必要ではあるが、必要最低限の金額のみを預けている方が賢明だと僕自身は思っている。

なるべく出金し手元に現金で置いておく方が自由度が高いのは言うまでもない。

もちろん厳重に管理するのが難しいという問題はあるけれど、金儲けに精を出していくのであれば、普通預金や定期預金で「庶民的に」安心し満足している場合ではないのである。

減らない事は損をしない事。

銀行口座の残高が増えていくのが楽しい。

貯金を続けている人にとって、口座の金額が増えていく事の喜びは相当のものだろう。

預けている金額が増えてくるにつれて、安心感も増していき、自分の自信にだって繋がるわけ。

だけどさ、ボチボチでいいのじゃないかな。

前項でお話しした通り、万が一の時を迎えた時、積み上げた大金は見る事もなく消えてしまう可能性があるのだ。

「自分には関係ない。」
「そんなことは大丈夫。」
「そんな事態が起こるわけがない。」

なんて高を括るのは、安直すぎる。

本当に一寸先は闇なのだ。

理解できないのであればもう一度「第6ヶ条【現金主義に徹しろ】」を読むべきだ。

あくまでユダヤ商人の商法、法則を会得しようとしているので、自分のオリジナルの考えは、核心をついた良い方向にしか作用させてはいけない。

ユダヤの商法「現金主義に徹しろ」
第6ヶ条【現金主義に徹しろ】キャッシュに換算する考え方【ユダヤの商法/藤田 田】

現金主義の徹底 ユダヤ商法の考え方についてこのように藤田 田氏は教えてくれた。 天変地異や人災から、彼の明日の生命や生活を保障するのは、現金以外には考えられないのである。ユダヤ人は銀行預金すら信用しよ ...

続きを見る

現金主義が理解できたならば、見えてくるだろう。

例え銀行金利で、少しづつ資産が増えていったとして、「そのお金は自由に使えますか?」という話。

次にいざ相続が必要になった時には、「莫大な税金」を支払わなければならないのだ。

現金で手元に置いていくことで、こうしたことから解放される可能性がある。

もちろん今の時代、前提として「税金逃れ」なんてできないけれど、これがユダヤ商人の考え方なのだ。

増えもしないが減りもしない。

減らないってことは損をしていないという事。
金儲けの上手いユダヤ商人は、「損をしない。」という事を大切にしている。

勉強になるなぁ本当に。
少々の儲けよりも損をしない儲け。なるほどな。
ギャランでした。

全96ヶ条に及ぶユダヤ流カネ儲けのバイブル
「ユダヤの商法 世界経済を動かす」日本マクドナルド創業者 藤田 田
藤田 田「ユダヤの商法 世界経済を動かす」目次まとめ 書評と自己分析と解釈。

KKベストセラーズ「ユダヤの商法」 著者である藤田 田氏(デンと発音して下さい)に魅せられて、本気で金儲けを志そうというのであれば抑えておくべき良書。 カバー改訂を重ねながら、今や発行部数100万部を ...

続きを見る

本記事の執筆者は私、ギャランです。

言わずと知れた芸能人より芸能人。
中学受験・高校留年・就職・起業・出戻・結婚・離婚・再婚・愛娘の死・個人民事再生・不妊治療etc...
経験してから我がを知る。
バカは死ななきゃ直らない。なってみやがれこのバカに。
『パパの子どもで良かったな!』
いつまでもこう言われ続ける親父を目指しています。
オリジナルレイクスタとは僕の事。

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

ギャラン公式Youtubeのチャンネル登録

Gyalan Official Youtube Channel

最新記事 ―毎日更新中!―

 

2021年度最新版ポイ活ランキング

【オススメ度1位】 モッピー/moppy
 ☆☆☆☆☆

ポイ活のモッピー簡単無料登録

株式会社セレスが運営している大手ポイントサイト【モッピー/moppy
2014年に東京証券取引所マザーズに上場。2016年には、東京証券取引所第一部へ市場変更をし成長を続けている。
ポイントの交換先も、現金への対応はもちろん、Paypalやギフト券、企業発行のポイント(楽天・ワオン、ナナコ・LINE)など豊富にそろえている。
実は『稼いだポイントは何に使えるのか?』というのがポイントサイトの大切なところ。
サイト内でしか消費できないような半端なサービスは行なっていない優良サイト。
ネットで『節約・副業ができるサービスです』のキャッチコピーに嘘は無し。
1日10分からできる『ポイ活』です。

moppy/モッピーの無料登録

【オススメ度2位】げん玉/Gendama
 ☆☆☆☆★

ポイ活のげん玉簡単無料登録

アメブロ等で有名なサイバーエージェントの元マネージャーである菊池氏が代表取締役社長となり2005年に設立した株式会社リアルワールドが運営するクラウドメディア【げん玉/Gendama
創業時から『ネットからリアルへ』というミッションを掲げており、サービスは同年『使って貯める』の名の下に開始された。
2014年に東京証券取引所マザーズ市場に株式を上場した後も、吸収合併を重ねながら成長を続けている。
代表からのメッセージ『本当に社会に必要とされる企業だけが成長し続ける、と思っています。』という言葉に熱き情熱を感じるのは私だけではないだろう。
社長ブログでは経営判断や意思決定の背景を発信しており考え方の一部を伺い知れます。
社内の様子も発信されているので『顔の見えない』怪しい印象は皆無。
使いやすいプラットフォームからも、関わる人を大切にする想いが感じられます。

Gendama/げん玉の無料登録

【オススメ度3位】ECナビ/EC Navi
 ☆☆☆★★

ポイ活のECナビ簡単無料登録

日本最大手(世界規模では第5位)の広告代理店 電通とも深い関わりを持つVOYAGE GROUPの傘下である株式会社VOYAGE MARKETINGが運営する大手ポイントサイト【ECナビ/EC Navi
2014年に東京証券取引所マザーズ市場へ上場を果たしたグループの経営理念の根底には『360°スゴイ』という熱い想いが込められている。
日本記念日協会が7月1日を「ポイ活の日」と認定したが、2004年7月に同社がサービスを開始した事に由来している。
歴史のある老舗にふさわしく、利用者数は日本最大級。
案件も、踏み込みにくいクレジットカードなどの発行や登録だけではなく、楽天やアマゾンといったECショッピングサイトを利用した日常の買い物や、アンケートへの回答だけでもポイントを貯める事ができる。
貯まったポイントは300円分から交換して利用が可能というハードルの低さはユーザーにとっては非常にありがたい。
「毎日貯まるポイントサイト」とのキャッチコピーであるが、換金額の低さからも「毎日使えるポイントサイト」といっても過言ではない。

ECナビの無料登録

© 2021 生もいいけど瓶ビール