生瓶ブログへようこそ!

ありがとうございます!ギャランと申します。
長州生まれ近江育ちの36歳。
ブログとラップで意思表示。
2回結婚をして3児のパパ。
博奕に失敗して約1300万円の多重債務者。
→国と弁護士を頼りに個人再生後返済中。
小売Web Shopを6店舗運営し12年。
→2021年2月 サイトを全て譲り渡す。
只今、仕入れショップサイトをゼロから構築中。
アリババも・・・やってます。
やりたい事が多すぎる卸売りの営業マン!
食ってく為に色々売ってます。
好きな言葉は【エコヒイキ】
座右の銘は【カワイイは正義】
30代の野郎が比較するのにちょうどいい男。

ギャランの署名サイン

最新記事 ―毎日更新中!―

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

YouTube-Gyalan Official Channel-

Gyalan Official Youtube Channel
FP CARD 仮想通貨をチャージして全世界で使えるデビットカード  Financial Partner Card

個人再生 成功 体験談 お金・債務整理・投資

個人再生での返済期間は基本3年間。返済回数は全12回。2回目の振込が完了。

選ぶことなく設定された3年間の返済期間

11月末日。第二回目の返済額を各債権者の口座に入金しました。

【返済先【返済額
SMBCコンシューマーファイナンス()管理第一センター¥66,800
ライフカード株式会社¥71,500
楽天カード株式会社債権管理部¥34,700
(株)オリエントコーポレーション首都圏管理センター¥24,400
株式会社セディナ中部統括管理センター¥26,300
合計¥223,700

合計12回に及ぶ返済の期間は3年間。

再生計画を立てた上で、履行テストが行われるのだが、この時点で3年間で完済するという前提で話が進んでいた。

特に意見を求められたわけでもなく、抱えていた借金が約1300万という事実から試算されていた。

まずは、財産などを考慮して、圧縮、減額された後の金額は概算する。
その後、概算金額から月々の返済額が算出されたというわけ。

  • 1300万円の借金は、280万円程度に減額されると試算。
  • これを3年間で割ると、一年で約94万円。
  • 12か月で割ると、約78,000円

このことから、履行テストの際は、『1ヵ月に8万円ほどを、この口座に貯めて下さい。』と弁護士の先生にご指示を頂きました。

こうして始まった履行テストでは、毎月指定の金額を指定の口座に貯めていく。
幸い問題無くクリアできたので、3年間での返済計画が決定し、そのまま採用となり認可決定を受ける事に成功したのである。

履行テストで問題が無いようにする。

履行テストで問題があった場合は、この時点で不認可で再生手続きが終わってしまうと考える方が適切だ。

不認可で終わらせないためには、しっかりと返済計画を立てた後に履行テストに臨むのが正しいのである。

返済計画を立てる際は、家計簿の見直しから始まるが、どれが削れて、どれが残すのかを吟味していく。

家計簿の見直しの時点で、弁護士の先生へ現状と事実を全て打ち明けておかなければ後悔してしまう羽目になりかねない。
そもそも、味方であるはずの弁護士の先生にすら全容を話せないだなんて不誠実極まりない。

収入より支出が多かったとしてもそれが『やむを得ない事情』であれば相談するべきである。
『やむを得ない事情。』とは、例えば、通院費や養育費、子どもの教育費などの事を指す。

散財やぜいたく品の購入など、おかしなお金の使い方をしていなければ、『やむを得ない事情』だと裁判所も判断してくれる。
『やむを得ない事情』があって、3年間での返済が困難な場合は、その通りに返済計画を作成すればよいのだ。

こうして吟味した上で『やむを得ない事情』も考慮して作成された返済計画案については、裁判所も寛容に認めてくれるという。

裁判所に提出した返済計画が認められでから履行テストに臨んでいくわけである。

履行テストの期間中は、裁判所に提出した家計簿と併せて口座の入出金を見られていく。
当然、収入と支出のバランスは筒抜けとなる。

結果、返済計画案に沿った形でちゃんと暮らしが出来ているのであれば問題にはならないというわけ。

※但しここで安心してはいけない。なぜならたとえ裁判所が認めてくれたとしても、債権者からの『消極的同意』が得られなかった場合は、不認可となり再生計画が終わってしまうからだ。

最長5年の弁済期間で考えてみる。

僕の場合、現在は、3年間の弁済期間を設定し、3ヶ月に一度、まとめて各社へ返済するように決められている。

3ヶ月おきに約22万円を返済しているので、1ヶ月で約73,300円を貯めていかなければならない。
現状は、念の為、履行テストの時と同じく毎月8万円を貯めるようにしています。

この先『やむを得ない事情』が出てきた際は、返済期間を長く設定できないか相談しなければならない。
どのような手続きとなるのかは分かりかねるが、認められた場合の、現時点での返済額は割り出すことが可能だ。

単純計算だが試算する事が出来る。

  • 最終的に決定された弁済金額
    →268万円
  • これまでに22万を2回返済している。
    →22万×2回=44万円
  • 現在の残債。
    →268万円-44万円=224万円

これまで6か月が経過している。

  • 残された期間
    →5年=60か月-6か月=54か月
  • 1ヵ月辺りの弁済額は
    →224万円÷54か月=41,481円

現在の弁済額との差→80,000円-41,481円=38,519円

現在の収入のままであれば、この先『やむを得ない事情』が起きたとしてもこの金額しか使えないという事だ。

万が一、今後暮らしに問題が生じた場合は、弁護士の先生に真っ先に相談する。
返済期間は長くなるが、4万円弱のゆとり。

4万円を少ないと感じるような暮らしはしていない。
おかげさまで、お金の大切さを噛みしめる事ができている。

ある時は気が付かず、失ってから気付く事の方が多い。
経験する必要はないが、大金を無くしてはじめて気が付くこともあるんだよ。

残すところあと10回の返済日

今回の2回目の弁済で1/6が終わったところなので、まだまだ先は長い。

ギャラン

大丈夫。順調だ。

暮らしを見直し、絶対に立て直す。
全額返済する事が出来ずに、債権者様たちを裏切ってしまい申し訳ないが、おかげさまで元気に暮らすことが出来ている。

生活は決して楽ではないが、以前に増して真剣に生きる事が出来ていると感じている。

ブログを再開するきっかけとなったのも個人再生で人生を見直したからといっても過言ではない。

あとで振り返って後悔するぐらいなら、今真剣に行動するべきだと気が付いたからだ。

はじめて旧生瓶ブログにて、本格的にブログに取り組もうと思ったのが、2015年。
そこから180記事ぐらいを投稿した後に、自然と離れてしまっていた。

そして当生瓶ブログを新装開店したのが、2020年6月25日。
この記事を綴っている今日が、2020年の11月29日(あっ!幼馴染の親友の結婚記念日だわ・・・)
これまで全163記事を投稿してきた。

  • 旧生瓶ブログでは、5年間で180記事の投稿。
  • 当生瓶ブログでは、5か月で163記事の投稿。

圧倒的に熱量が違う。
たかがブログで比較しているが、以前とは比べ物にならないほど活力がみなぎり、情熱を注いでいる。

問題を解決しながら真っ直ぐに歩むことができていれば、もっともっと好転していくと信じている。

お金の事では今後絶対に無茶はしない。
そして後悔をしない為に行動に移す。

身に染みたから、学ぶことだってできた。

もし今あなたが、借金問題で頭を抱えているのであれば、解決の糸口が必ず見つかると信じて踏ん張って欲しいと本気で願う。
こんなバカみたいな僕にだって、自分で道を切り開き、解決に向かう事ができたのだ。
世間体や体裁なんて関係ない。

お金で苦しんでいるのは自分に原因がある。
かといって自分に矢を向けすぎないでいこう。

明るい未来の為に。一つずつ解決し、一歩ずつ進んでいこうではありませんか。
ギャランでした。

借金問題で本当にお困りの方へ必要であれば。

※関西・近畿圏にお住いの方の場合
●京都(四条烏丸)に出向くことが出来る140万円以下の借金でお困りの方へは司法書士の先生を。
●借金の総額が大きく個人再生、もしくは自己破産を検討されている方で、大阪(北浜)へ出向くことが出来る場合は、弁護士の先生を。
それぞれ実際に僕がお世話になり解決に導いてくれた先生方を当然無料で直接ご紹介させて頂きます。
当生瓶ブログの問い合わせフォームよりご連絡頂ければと存じます。
※ご相談頂いてから先生方にその旨をお話ししますので必ずではない事予め御了承下さい。

関西・近畿圏以外の方から受けたご相談は、先生方の横繋がりを確認させて頂きます。

個人情報の取り扱いは、当生瓶ブログのプライバシーポリシーに記載の通りです。
本当に有益な情報は、生の声にしかないと思っています。
読んで頂いた記事は、当時「生の声」に救われた私の実話です。
おかげさまで私ギャランは画面の向こうで生きています。
少しでもお力になる事が出来れば幸いです。

本記事の執筆者は私、ギャランです。

言わずと知れた芸能人より芸能人。
中学受験・高校留年・就職・起業・出戻・結婚・離婚・再婚・愛娘の死・個人民事再生・不妊治療etc...
経験してから我がを知る。
バカは死ななきゃ直らない。なってみやがれこのバカに。
『パパの子どもで良かったな!』
いつまでもこう言われ続ける親父を目指しています。
オリジナルレイクスタとは僕の事。

ギャランのツイッターフォローボタン

生瓶ブログの公式携帯電話番号-ギャランへ直通で連絡する。

TikTokCode Gyalanマイページ

ギャラン公式Youtubeのチャンネル登録

Gyalan Official Youtube Channel

最新記事 ―毎日更新中!―

 

© 2021 生もいいけど瓶ビール